[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太の次戦はどうなる カネロ&ゴロフキン戦熱望「どちらでもいいからやりたい」

ボクシングの2019年度年間表彰式が7日、都内で行われ、WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が2年連続3度目の最優秀選手賞に輝いた。WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が殊勲賞とKO賞、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Reason大貴)が技能賞を受賞した。

年間表彰式に出席した村田諒太【写真:石渡史暁】
年間表彰式に出席した村田諒太【写真:石渡史暁】

村田諒太が殊勲賞とKO賞の2冠、今年の飛躍へ「さらに上を目指したい」

 ボクシングの2019年度年間表彰式が7日、都内で行われ、WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が2年連続3度目の最優秀選手賞に輝いた。WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が殊勲賞とKO賞、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Reason大貴)が技能賞を受賞した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 昨年7月にロブ・ブラント(米国)との再戦で王座を奪還し、12月にスティーブン・バトラー(カナダ)を相手に初防衛に成功。「ありがたい賞をいただいて感謝しています。ここに来ていい形でボクシングができている。さらに上を目指したい」と今年の飛躍を誓った。

 次戦について、海外メディアではカネロこと4階級王者サウル・アルバレス(メキシコ)とのビッグマッチの可能性が報じられている。村田はIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)も含め、世界の超強豪との試合を希望。ゴロフキンは3月末に試合を予定している。

「もちろんやれるなら誰でもやりたい。どちらでもいいからやりたいですね。世界チャンピオンだからこそ、そこに留まるのではなく上を目指してやりたい」と力を込めた村田。陣営はビッグマッチを目指して調整中で「僕くらいサポートしてもらっている選手が決まらないのなら、もうしょうがない」と信頼を口にした。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集