[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

偉大なるコービーへ捧ぐ グラミー賞候補歌手が新曲で追悼「さよならは言えない」

米プロバスケットボール(NBA)の元スター選手コービー・ブライアント氏は1月、13歳の娘・ジアナさんらと乗っていたヘリコプターが墜落し、命を落とした。様々な形で追悼する動きが世界で広がっているが、米国ではグラミー賞ノミネート歌手が“コービー追悼ソング”を制作。旧知の友へ捧げていると米メディアが報じている。

コービー・ブライアント氏【写真:Getty Images】
コービー・ブライアント氏【写真:Getty Images】

1998年にコービーとコラボソングを作ったマックナイト氏が新曲を制作

米プロバスケットボール(NBA)の元スター選手コービー・ブライアント氏は1月、13歳の娘・ジアナさんらと乗っていたヘリコプターが墜落し、命を落とした。様々な形で追悼する動きが世界で広がっているが、米国ではグラミー賞ノミネート歌手が“コービー追悼ソング”を制作。旧知の友へ捧げていると米メディアが報じている。

【特集】【PR】自称「ヘビーユーザー」 Jリーグ得点王にDAZN(ダゾーン)が欠かせないワケ

 悲しみを乗り越えて作曲したようだ。米紙「ニューヨークポスト」によると、コービーを追悼した新曲を作ったのはブライアン・マックナイト氏。グラミー賞のノミネート経験17度を誇る歌手で、コービーとは旧知の仲。1998年にはコラボソング「ホールド・ミー」を発表している。その曲では、コービーは終盤にラップで「強くあれ、誇りをもって前へ進め。私のハートは私と戦っている」と歌っているという。

 今回、マックナイト氏がコービーを追悼して制作した新曲のタイトルは「Can’t Say Goodbye(さよならは言えない)」。記事によると、マックナイト氏は「確かにこの曲を書いたのは私だけど、私だけの曲ではない」と強い思いを口にしている。

 コービーが亡くなってから1週間が経つ。記事によれば、マックナイト氏はビデオインタビューで歌を披露する前に「とても堪える1週間だった。私が今まで経験したことのないものだった。全世界のみんなで一緒にキャンドルに明かりを灯そう。私たちの兄弟であるコービー・ブライアントと娘のジジ、他7人の犠牲者の死についてみんなで同じ気持ちを抱こう」と呼びかけたという。

 マックナイト氏は新曲を「YouTube」に投稿。動画には曲のタイトルとともにコービーの背番号「#8」「#24」が入っている。コメント欄には「なんてすばらしい曲だ。コービーとジジよ、安らかに眠れ」「世界中の多くの人々にインスピレーションを与えてくれたコービー・ブライアントの遺産に感謝します」など感謝と哀悼の意が込められたメッセージが並んでいる。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集