[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ペア平昌五輪女王が産後4か月で3回転着氷 海外唖然「信じられない高さのジャンプだ」

フィギュアスケートの平昌五輪ペア金メダリストのアリオナ・サフチェンコ(ウクライナ)がツイッターを更新。産後4か月で3回転ジャンプに成功したことを動画付きで公開し、「信じられない高さのジャンプ」「たったの4か月? オーマイガー」などと海外ファンを驚かせている。

アリオナ・サフチェンコ(左)【写真:Getty Images】
アリオナ・サフチェンコ(左)【写真:Getty Images】

サフチェンコがスロージャンプで成功「出産して4か月。これがスタート!」

 フィギュアスケートの平昌五輪ペア金メダリストのアリオナ・サフチェンコ(ウクライナ)がツイッターを更新。産後4か月で3回転ジャンプに成功したことを動画付きで公開し、「信じられない高さのジャンプ」「たったの4か月? オーマイガー」などと海外ファンを驚かせている。

【PR】20校中14校で採用 新春の駅伝で大流行していたボディメンテ ゼリーって?

 ペア界の名手が驚きのジャンプだ。カップルを組むブリュノ・マッソと動きを合わせ、助走をつけるサフチェンコ。マッソが腰を持ちながら踏み切ると、スロージャンプで鋭く回転し、3回転で綺麗に着氷してみせた。まだまだ調整段階の様子ながらジャンプの高さなどはさすが。しかし、ツイートでは驚きの報告をした。

「2019年頭以来の3回転。出産して4か月だったわ。まだ完璧じゃないけど、これがスタート! “職場復帰”に向けてハッピーな気持ちよ!」と投稿。昨夏に出産し、これが産後4か月の状態だったという。にもかかわらず、すでに氷上に復帰。スロージャンプで3回転を決めてしまうから驚きだ。

 動画を目の当たりにした海外ファンも唖然。「あなたのおかげで刺激になったわ」「あなたのスケートに対する向き合い方は刺激になるし、とても素晴らしいわ。あなたが戻ってくるのは幸せだわ」「レジェンド」「信じられない高さのジャンプ」「たったの4か月? オーマイガー」「アメージング! 鮮やかなスケーター」とコメントが続々つけられていた。

 サフチェンコは五輪に3度出場し、バンクーバー、ソチはともに銅メダル、平昌で悲願の金メダルを獲得した。世界選手権は18年大会を含め、6度優勝。18-19年シーズンは競技には出場せず、アイスショーに専念していたが、16年に結婚した一般男性との間に子供をもうけ、すでに出産していた様子。再び、リンクで見られる日も近そうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集