[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 世界2位・山口茜は辛勝発進 思わぬ試合前倒しで狂い「試合を楽しむどころか…」

世界2位・山口茜は辛勝発進 思わぬ試合前倒しで狂い「試合を楽しむどころか…」

リード場面で早く勝ち切りたい気持ちも…世界トップで戦うために必要な安定感

 試合では、相手に主導権を奪われる展開に追い込まれて第1ゲームを先取された。山口は、ウォーミングアップが不足したわけではないと話したが「普段やることを少し飛ばして、早く準備をしなきゃと思って、すべてを急いでしまった。試合に入ってからも、足を動かさなければと思い過ぎて、相手の球が来る前に動いてしまった場面もあった」と心理面のコントロールに苦しんだことを明かした。

 精神面の波は、プレーに影響を及ぼす。ファイナルゲームも自分のミスにいら立つ場面を見せたが、リードした場面で早く勝ち切ってしまいたいという気持ちが出ているようにも見えた。まだ20歳と若いが、世界のトップで戦い続けるためには安定感が必要になる。

 粘り強いラリーと、相手の意表を突くミラクルショットが特長の山口は、3年前の優勝者。日本女子シングルスの先頭を走る世界女王、奥原希望(日本ユニシス)とともにリオデジャネイロ五輪に出場するなど、2020年の東京五輪に向けて大きな期待を受ける選手だ。国際試合での上位進出も多く、追う立場から世界のトップに並ぼうとしている。その中で、山口は挑戦者の気持ちを持ち続けることをあらためて意識しているという。

 8月の世界選手権は、初出場で第1シードに入ったが、3回戦で敗退。「まだまだ、なんだなと教えてもらった。やっぱり、受け身じゃなくて向かって行くのが自分のプレースタイル。どんな相手にも向かって行く気持ちを持つことを、これから学ばなければいけないと思う」と話した。出直しの一戦となった先週のスーパーシリーズ第7戦、韓国オープンでは奥原に敗れたがベスト4入り。アクシデントを乗り越えた今大会も上位進出を狙う。

【了】

平野貴也●文 text by Takaya Hirano

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー