[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 世界2位・山口茜は辛勝発進 思わぬ試合前倒しで狂い「試合を楽しむどころか…」

世界2位・山口茜は辛勝発進 思わぬ試合前倒しで狂い「試合を楽しむどころか…」

思わぬ事態で狂いが生じた。世界ランク2位の山口茜(再春館製薬所)は、焦りの生まれた初戦をどうにか勝ち切った。バドミントンの国際大会BWFスーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」は20日に各種目の1回戦を行い、女子シングルスの山口は、イ・ジャンミ(韓国)に2-1(17-21、21-15、21-14)の逆転で勝利した。

センターコートの前試合が棄権で急きょ前倒しで焦り「思っていたよりも早まった」

 思わぬ事態で狂いが生じた。世界ランク2位の山口茜(再春館製薬所)は、焦りの生まれた初戦をどうにか勝ち切った。バドミントンの国際大会BWFスーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」は20日に各種目の1回戦を行い、女子シングルスの山口は、イ・ジャンミ(韓国)に2-1(17-21、21-15、21-14)の逆転で勝利した。

 山口は「思っていたよりも試合が早まって、焦りがプレーに出てしまった。低い展開で相手に捕まってしまい、試合を楽しむどころか焦ってしまった。第2ゲームから大きく展開する形にして、点差(リード)が少し開いて、心に余裕が出てきた。ファイナルゲームは、自分らしいプレーも少しは出せたと思う」と苦しんだ初戦を振り返った。

 大会会場である東京体育館では、1つのフロアに5つのコートを作り、同時に試合を進行しており、試合が終わり次第、次の試合が始まる仕組みになっている。ただし、メインコートだけは、シード選手が出場する注目試合だけが行われ、それぞれの試合予定時間が決まっている。

 ところが、この日の午後、メインコートで予定されていた第2試合で「ソノカム」の愛称を持つ男子ダブルスの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)の対戦相手だったリッキー・カランダスワルディ、アンガ・プラタマ組(インドネシア)が棄権。第3試合だった山口の試合が前倒しで行われることになった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー