[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 食とカラダ
  • 忙しいビジネスパーソンほど間食すべし 「太るから」を変える「10%」の選び方

忙しいビジネスパーソンほど間食すべし 「太るから」を変える「10%」の選び方

9月に入り、食欲の秋を迎えようとしている。何かとカロリーが気になるシーズン、普段からスポーツを楽しんで体型を維持しようと心がけているビジネスパーソンでも、やってしまいがちなのは「仕事中の間食」だ。

間食は「悪」じゃない、公認スポーツ栄養士がオススメするコンビニ活用法は?

 9月に入り、食欲の秋を迎えようとしている。何かとカロリーが気になるシーズン、普段からスポーツを楽しんで体型を維持しようと心がけているビジネスパーソンでも、やってしまいがちなのは「仕事中の間食」だ。しかし、Jリーグの横浜F・マリノスやラグビートップリーグのパナソニックワイルドナイツなどの栄養サポートを手がける、公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏は「忙しく働く人ほど間食すべし」と言う。理想的な間食のとり方について、語ってもらった。

 ◇ ◇ ◇

 子供の頃は当たり前に食べていたおやつ(間食)。でも大人になると、間食をとることに悪感を感じる方も多いようです。

 私はビジネスマン向けの講習会でも、間食の大切さをお話ししています。なぜなら、長時間の通勤や労働が当たり前の人にとっては、間食も大事な「食事」にあたるからです。

 一般的な食事は3~4時間で消化吸収されます。ランチ後、20時、21時まで何も食べずに仕事をしていたら、どう考えてもエネルギー切れを起こした状態。集中力を保ち、精力的、効率的に仕事を進める上でも、実は間食はとったほうがいいのです。

 アンケートなどを拝見すると、間食が敬遠される理由の筆頭は「太るから」。でも、太るか太らないかは、何をどのように食べるか次第で変わります。単に好きな物を食べるのではなく、不足する栄養素やエネルギーを間食で補う。これを「補食」といい、スポーツ選手も当たり前に取りいれています。

 では、エネルギー(カロリー)と栄養素の観点から、何を選べばよいのか考えてみましょう。

1 2 3

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)、車いすバトミントン選手の栄養アドバイザーとして、トップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、未来のアスリートを目指すジュニア世代と保護者に向けて、健康なこころとからだを育むための食育活動なども行っている。

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー