[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 宇野昌磨「やっぱり僕は試合が好き」 胸高鳴る、待ち切れない19歳の思い

宇野昌磨「やっぱり僕は試合が好き」 胸高鳴る、待ち切れない19歳の思い

フィギュアスケートのロンバルディア・トロフィー(イタリア)が14日(日本時間15日)に開幕する。昨季、世界選手権銀メダルを獲得した宇野昌磨(トヨタ自動車)は前日練習後、「やっぱり僕は試合が好き」と“らしい”言葉で今季初戦が待ち切れない思いを明かした。

ロンバルディア杯開幕前、“らしい言葉”で明かした胸中「頑張る時間も好き」

 フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア)が14日(日本時間15日)に開幕する。昨季、世界選手権銀メダルを獲得した宇野昌磨(トヨタ自動車)は前日練習後、「やっぱり僕は試合が好き」と“らしい”言葉で今季初戦が待ち切れない思いを明かした。

 いよいよ19歳の運命の五輪シーズンが幕を開ける。

 大会前の練習を終えた宇野は「特に悪くなく、やりたいことはやれたかなと思います」と語った。初戦に選んだのはロンバルディア杯。「今できるベストをしたい。それ以外は何か目標とか意識はない。試合に向け、より良い演技をできるようにやってきて、今もどうやったら試合がうまくいくかなということだけを考えています」と自然体を強調した。

 今季はSPで新プログラム「冬」を使用する。「アイスショーでやってきたより必ず良くなっていると僕は思っている。まだまだ完成というわけではないけど、大事な初戦。今どのレベルにいるのか、どれくらいの完成度でプログラムを滑られているのか、試合の時にどんな心境で今年は滑ることができるのかを確認したい」とチェックポイントを挙げた。

 宇野といえば、注目が高まるのは4回転だ。「大変ですね」と漏らした19歳は、多種類の4回転を跳べるからこそ生まれる課題を明かした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー