[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

625登板→戦力外で引退 元楽天38歳、指導者のいま痛感する“妄想力”と星野仙一の偉大さ

星野さんの指導を踏襲「やる気にさせるのが上手かった」

「練習の最後に必ず、子供たちに『今日は何をやったか?』を聞いて、説明してもらいます。自分で何を学んだか説明できるようになれば、今日の練習をやったことになるよって。継続しないと上手くならないから、野球ってやっぱり難しい。継続のためにも、短い時間でどれだけ忘れさせないで、体に覚えさせてあげられるかが大事だと感じました」

 目指しているのは、モチベーションと気付きを与えられる指導者。偉大な星野さんもそうだった。ファームにいる頃も、顔を合わせると叱咤激励をしてくれた。

「冗談で『まだ野球やっとんのか?』とも言われました(笑)。声をかけられること自体が嬉しかったですし、人をやる気にさせるのが上手いなと感じていました」

 子供たちに、型にはめる指導はしない。「投げる瞬間に胸が開かない方がいい」「もう少し足をあげてみて」などとちょっとしたポイントを伝えて、重要なことは自分で気付かせる。やってみたい考えがある子供には、やる気を削がないように一度やらせてみる。主体的に考える力を養わせるやり方だ。

 今は実技で教えられるが、年齢を重ねれば投げられなくなる時期もやってくる。「実技ではなく、言葉でどうやって気付かせるかが目標であり、理想です」。指導している子供たちが次のステージで活躍してくれればもちろん嬉しいが、最大の願いは野球が楽しいスポーツだと忘れずにいてくれることだ。

「教え子が甲子園に行ったり、プロになったりしてくれるのが一番ですけど、そういうのは一握り。野球を続けてくれたり、続けられなくても『あの時楽しかったですよ』って言ってくれたりする子供たちが増えてくれたら嬉しい。何がきっかけで上手くなるかは分からないので、きっかけになれたらいいなと思います」

■青山浩二(あおやま・こうじ)
 1983年8月12日生まれ、北海道・函館出身の38歳。函館工、八戸大を経て2005年の大学・社会人ドラフト3巡目で楽天イーグルスに入団した。野村克也監督の下、1年目から先発、中継ぎで42試合に登板。守護神を務めた2012年は5月の月間MVPに輝くなど61試合で22セーブ、防御率2.51と活躍。初のオールスター出場も果たした。翌13年も60試合に登板して日本一に貢献。15年には通算150ホールド、19年には通算600登板を達成。2020年限りで現役引退した。現役時代の身長・体重は180センチ、80キロ。右投右打。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集