[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

625登板→戦力外で引退 元楽天38歳、指導者のいま痛感する“妄想力”と星野仙一の偉大さ

現役引退後、楽天野球団のアカデミーコーチに就任した青山さん、指導の難しさも感じていると語る【写真提供:楽天野球団】
現役引退後、楽天野球団のアカデミーコーチに就任した青山さん、指導の難しさも感じていると語る【写真提供:楽天野球団】

「育成契約でもいい」の願いは叶わず引退、愛着ある球団での第二の人生

 ボーっとしている時、頭の中ではいつの間にか他球団のバッターと対戦していることが多々あった。「職業病らしいんですよね。『ここにスライダー投げたら空振り捕れるかな』とか、『このボール使えるかも』とか。妄想するのが好きなんです(笑)」。思いつくとすぐに練習したくなる。筋肉量の多くない自分の体を、100%使えるフォームも常に模索していた。

 考え、実践してみたことはノートや携帯電話のメモ帳に残すのが習慣だった。意識していたのは「人に伝えて同じフォームをやってもらうにはどう書けばいいか」。将来子供に伝えるには、どんな言葉でかみ砕けばいいかを念頭に置いていた。

「これも妄想ですけど、例えば僕が記憶喪失になった時、ノートを見て元通りに投げられるか。同じ状態に戻ることができれば、人に話すときも伝えられるんじゃないかと」

 肩の痛みと付き合いながら第一線で投げ続けた青山さんも、2020年は11試合で防御率4.35。1日3回飲んでいた痛み止めの効きが遅くなり、肩が温まるまでに時間を要するようになっていた。若い選手の台頭もあり、シーズン終盤に戦力外通告を受けた。

 まだ1年はやれる――。そんな思いから「育成契約でも良いのでチャンスが欲しい」と願い出た。ただ、青山さんほどの実績を残した選手に、球団がそのオファーを出すのは難しかった。

「海外も選択肢に入れましたが、コロナも流行っていてちょっと怖いなと。球団から背番号(41)を別の選手に渡したいと話を受けてから、踏ん切りがつきました。15年もやって、やっぱり引くところかな、1つの球団で終わるのもいいんじゃないかなと思えたので」

 第二の人生は、愛着のある仙台をスタート地点にしたかった。「球団に居続けられるのは自分の中でも意味がある」。戦力外通告の際に打診されていた楽天野球団のアカデミーコーチになると決めた。現在は1度に最大40人の子供たちを見ているが、指導者側になって初めて感じることも当然ある。

「自分が子供の頃はプロ野球選手を目指していましたけど、意外とそうじゃない子もいたりするので、1人1人に温度差があります。1対1の指導なら個別に対応できますが、1対40だと上手い子に合わせるか、そうではない子に合わせるかが難しかったですね」

 大切にしているのは、感覚で教えるのではなく、子供たちが学んだことを自分で説明できるようにすること。誰かに伝えることを意識しながらノートを書き続けてきた青山さんだからこそ、どうすれば子供たちの記憶に残りやすいかが分かっていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集