[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なでしこ主将・熊谷紗希、世界と戦う上で「絶対に捨てない」と誓った自分の強みとは

19年ワールドカップに向けて…「日本の選手は世界で戦えることを示したい」

 なでしこジャパンは7月下旬から8月上旬にかけて行われた「2017 Tournament of Nations」(日本、オーストラリア、アメリカ、ブラジルが参加)で、4か国中3位という結果に終わった。大会前、「チームは今、すごくポジティブに前進している」と語っていた熊谷は、「負けてもいい試合なんてない」としつつも、「チームとしての経験値を積み、じっくりと土台作りをするチャンス」とも話している。

「女子サッカーの今後のためにも、日本代表はもっと多くの人に観てもらえるようにならなければいけません。そのためにはやはり試合に勝つこと、強いチームであることはもちろん重要です。でも、今年は大きな大会がない分、チームとしての経験値を積み、じっくり土台作りをするチャンス。今のなでしこジャパンには、失うものはなにもありません」

 では、熊谷が今描く、なでしこジャパンのビジョンとは――。

「常にチャレンジャーの気持ちで取り組むこと。来年4月のアジアカップをいい形で予選突破し、(2019年の)ワールドカップにつなげていく。何よりも、日本の選手は世界で戦えることを、代表で、クラブチームで、世界に示していきたいです」

 海外で日本人選手のプライドを示しながら、なでしこジャパンのキャプテンという重責も背負う熊谷の視線は、前だけを見つめている。

◇熊谷紗希(くまがい・さき)
1990年10⽉17⽇、北海道生まれ。26歳。身長171cm・体重59kg、ポジションはディフェンダー。常盤木学園高から浦和レッズレディースに入団。2011年から活躍の場をドイツに移し、フランクフルトでプレー。13年には現所属であるフランスのオリンピック・リヨンに移籍。2015-2016シーズンには、リーグ戦、国内カップ戦、欧州チャンピオンズリーグの三冠を達成した。なでしこジャパンでは通算88試合に出場、現在はキャプテンを務めている。
ブログ:https://ameblo.jp/brave05/
インスタグラム:https://www.instagram.com/kumagai1017/

【了】

長島恭子●文 text by Kyoko Nagashimaプロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

1 2 3 4

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集