[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なでしこ主将・熊谷紗希、世界と戦う上で「絶対に捨てない」と誓った自分の強みとは

当初は微妙な「感覚の違い」に戸惑いも、言葉の上達とともにサッカーも軌道に乗る

 そして、ワールドカップ終了後の2011年7月にドイツへと渡った。

 熊谷は「みんな、ウェルカムな雰囲気で受け入れてくれ、厳しい洗礼みたいなものはなかったです(笑)」とフランクフルト加入当時のことを振り返るが、言葉の上達とともに信頼も得られ、サッカーも上手くいき始めたという。

「難しかったのは、微妙な感覚の違いです。サッカーを始めた頃から積み上げてきたものとはいえ、ボールを受ける間合い一つから異なり、移籍当初は機能しない場面が多かった。例えば、自分としてはベストのポジションでボールを要求しても、チームメイトからは“近すぎる”と言われ、(ボールが)出てこない。連携がスムーズにいくまでは時間がかかりました」

 そして、フランクフルトで2年間プレーした後、現在所属するオリンピック・リヨンに移籍。2006年からリーグ11連覇と爆走するチームで、熊谷はUEFA女子チャンピオンズリーグ連覇(15-16、16-17シーズン)にも貢献している。

「リヨンの選手は全員の自己主張が激しくて、移籍したばかりの頃はカルチャーショックを受けましたね(笑)。リヨンでの自分はサッカーでも日常生活でも“バランサー”。誰とでも仲がいいし、どこのグループにも属せる。裏を返せば、私はサッカーさえできれば、あとはなんでもいいんです(笑)」

1 2 3 4

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集