[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「とことん自分らしく燃え尽きて」 名ウインガー石川直宏を突き動かした葛藤

「とことん自分らしく燃え尽きて」 名ウインガー石川直宏を突き動かした葛藤

かつてFC東京は、原博実監督(現・Jリーグ副理事長)の指揮下で、ワイドにスピーディーな攻撃スタイルを標榜し、人気を高めてきた。そしてまさにMF石川直宏は、上昇気流に乗るクラブを象徴する選手だった。

ストライドの大きなダイナミックな疾走…攻撃的スタイルを標榜するクラブの象徴に

「すごく波があるという点で、僕とチームカラーが似ている。だから僕が変われば、チームも…、と考えることもあります」――石川直宏

 かつてFC東京は、原博実監督(現・Jリーグ副理事長)の指揮下で、ワイドにスピーディーな攻撃スタイルを標榜し、人気を高めてきた。そしてまさにMF石川直宏は、上昇気流に乗るクラブを象徴する選手だった。

「あの頃は本当に楽しかった。僕がボールを寄こせ、と動き出す。MFには宮沢(正史)さんとかがいて、右サイドへとボールを浮かせる。もう僕がトラップする前から、SB(徳永悠平)のオーバーラップが始まって…。形になりかかるところからワクワクしていました。ただ、良い時は行け行けで気持ちいいくらいいくんですが、悪くなってしまうと歯止めが利かない。自分も含めて応用する力がなかったですね」

 ストライドの大きなダイナミックな疾走は、後天的なものだったという。

「小中学生の頃は、真ん中のポジションでパスを出す側だったので、細かくタッチするためにストライドも大きくなかった。身体も小さかったので、スポーツをやっていない子にも負けちゃうくらいでした」

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー