[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「違った景色を見てみたい」 横峯さくら、クラブ契約フリーで歩む優勝への道

日本ではメジャー2勝含む通算23勝を挙げ、2004年のプロテスト合格以来、女子ゴルフ界を牽引してきた横峯さくら。プロ16年目を迎える今年は、2014年以来の国内ツアー優勝、そして米LPGAツアー初優勝に向け、「チャレンジの年にしたい」と話す。「THE ANSWER」の独占インタビューで見せた横峯の競技者としての横顔、そして女性の幸せとゴルフとの向き合い方など、全2回シリーズでお届けする。

「心機一転、チャレンジの年にしたい」と語った横峯さくら【写真:荒川祐史】
「心機一転、チャレンジの年にしたい」と語った横峯さくら【写真:荒川祐史】

14年間サポート受けたクラブメーカーを離れ「今年はチャレンジの年にしたい」

 日本ではメジャー2勝含む通算23勝を挙げ、2004年のプロテスト合格以来、女子ゴルフ界を牽引してきた横峯さくら。プロ16年目を迎える今年は、2014年以来の国内ツアー優勝、そして米LPGAツアー初優勝に向け、「チャレンジの年にしたい」と話す。「THE ANSWER」の独占インタビューで見せた横峯の競技者としての横顔、そして女性の幸せとゴルフとの向き合い方など、全2回シリーズでお届けする。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 2019年。女子プロゴルファー、横峯さくらは大きな決断をした。昨年まで14年間ともに戦ってきたクラブメーカーを離れ、クラブ契約フリーという立場を選んだ。「悩みましたし、不安もありました」と正直な気持ちを明かすが、それを上回ったのが「何かを変えなきゃ」という思いだった。

「今まで14年間、ずっとお世話になって感謝の気持ちでいっぱいです。でも、今年は心機一転、チャレンジの年にしたいと思って。右も左も分からない状態からのスタートになりますが、その決断は大事だと思ったんです」

 LPGAツアーを主戦場としたのが2015年。当初は「優勝できればいいな、くらいだったんです」という思いは年々強まり、「今は本当にすごく優勝したいですし、優勝して違った景色を見てみたいです」と目を輝かせる。心の中で大きくなる思いを叶えるために、自分は何ができるのか――。

「アメリカに行ってから、すごくトレーニングをするようになったし、練習量も増えた。パフォーマンスが伸びない理由を考えた時、私に何か原因がある、スイングに問題があるんじゃないかって、自分に矢印を向け続けていました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集