[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

英ヘビー級衝撃の“噛みつき失格”に新展開 対戦相手は擁護「僕の意見では彼は…」

英国でのボクシングの試合中に相手の腹部に噛みつき、失格になるというまさかの珍事が発生。実際の瞬間を海外メディアが動画付きで公開すると、公開から2日が経過し再生回数は90万回を突破。海外ファンに「タイソンが戻って来た」「永久追放にしろ」など波紋を呼んでいたが、噛みつかれた対戦相手が擁護するという新展開に発展している。

カッシュ・アリがデビッド・プライスに覆いかぶさるようにしてリングに倒れ込む【写真:Getty Images】
カッシュ・アリがデビッド・プライスに覆いかぶさるようにしてリングに倒れ込む【写真:Getty Images】

タイソン彷彿のまさかの行動、噛みつかれた対戦相手はどう証言したのか

 英国でのボクシングの試合中に相手の腹部に噛みつき、失格になるというまさかの珍事が発生。実際の瞬間を海外メディアが動画付きで公開すると、公開から2日が経過し再生回数は90万回を突破。海外ファンに「タイソンが戻って来た」「永久追放にしろ」など波紋を呼んでいたが、噛みつかれた対戦相手が擁護するという新展開に発展している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 3月30日(日本時間31日)に英リバプールで行われた国内ヘビー級マッチの5ラウンドだ。

 カッシュ・アリ(英国)がもつれ、相手のデビッド・プライス(英国)に覆いかぶさるようにしてリングに倒れ込んだ。次の瞬間だ。アリは仰向けになったプライスの腹部辺りに顔をうずめたまま、主審が離せそうとしてもなかなか離れない。しかも、プライスは苦悶の表情を浮かべている。

 ようやくアリがはがされたが、異変はプライスの体が物語っていた。胸の下、左腹部付近が7~8センチくらいの大きさで赤く腫れている。あろうことか、アリはプライスに噛みついていたのだ。すぐさまプライスは“事件”をアピール。主審も事態を察知し、失格を宣告したのだった。

 耳を噛みちぎったマイク・タイソンを想起させる衝撃的な事件に、アリは観客から飲み物を投げつけられながら会場を後にし、長期に及ぶ出場停止処分も浮上しているという。

 過去15戦15勝だった27歳のアリ。英ボクシング番組「iFL TV」に対し、本人が「愚かなことをした」「言い訳の余地はない。初めての大舞台で本当に興奮していた。戦う準備はできていた。粗野なメンタルが働いてしまった。馬鹿だったよ」と謝罪していた。

1 2 3
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集