[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

英ヘビー級衝撃の“噛みつき失格”に新展開 対戦相手は擁護「僕の意見では彼は…」

“被害者”のブライスはアリの行動を擁護

 一方で“被害者”のプライスはアリの行動を擁護している。英BBCが試合後の発言を伝えている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 記事ではアリのボクシングライセンスが停止となり、聴聞会を控えていることを紹介。さらに、かつてアリとスパーを行うなど、相手のことをよく知るプライスは、噛みつきについて「らしくない」と語っているという。

「奇妙だった。ショックを受けたよ。噛みちぎることもできたと思う。でも彼はしなかった。そこまで強く噛まなかったんだ。そうはしたくなかったからね。僕の意見では、彼はただ退場させられたかったんだと思う。アドレナリンが高まっていなかったら、もっと痛かったと思う。でも突然で予期せぬことだったから、あまり痛みは感じなかった」

 ブライスはこう語っており、アリは退場させられるために暴挙に出たのだと推測している。ブライスは序盤のラウンドでも「何回か噛んだ」ともコメントしており、「試合に入ると、僕はトレーナーのインストラクションや、自分の考えに集中していた。でも最初のゴングが鳴る前から、彼は興奮していた。リングをうろうろと歩き、僕を見据え、叫んでいた。僕は冷静だった」と改めて状況を振り返っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集