[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

空振り&転倒… 速球王の“曲がり過ぎスライダー”にMLB仰天「相手をバカに見せる」

米大リーグの若き速球王、カージナルスのジョーダン・ヒックス投手が投じた驚愕の変化球が話題を呼んでいる。打者の足元でワンバウンドし、捕手が捕れないほどのスライダーで空振りを奪うシーンをMLBが動画で公開。ファンを仰天させている。

ジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】
ジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】

カージナルスの剛腕ヒックスの驚愕のスライダーが話題

 米大リーグの若き速球王、カージナルスのジョーダン・ヒックスが投じた驚愕の変化球が話題を呼んでいる。打者の足元でワンバウンドし、捕手が捕れないほどのスライダーで空振りを奪うシーンをMLBが動画で公開。ファンを仰天させている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 最速105マイル(約169キロ)を計測する、22歳の速球王がこの日は変化球で観衆を魅了し、そして打者を幻惑した。1日(日本時間2日)の敵地パイレーツ戦。同点の9回にマウンドに上がったヒックスは、先頭のディカーソンに対しての3球目だ。

 右腕から放たれたボールは、打者の手元で急激に内側へ切れ込んだ。足元でワンバウンドし、捕手も捕球できなかったが、ディカーソンのバットは空を切ると同時に体のバランスを崩し、手をつくほどだった。

 82マイル(約132キロ)のスライダーで追い込むと、最後は外角の101マイル(約162キロ)のシンカーで空振り三振。圧巻の投球で2回を無失点に抑え、今季初勝利を手にした。

 MLBは「ジョーダン・ヒックスが4月1日に相手選手をバカらしく見せる」と題した動画を公式インスタグラムで公開。ファンからは「アンクルブレイク。ハハハ」「普通じゃない」「えげつない」「エグい」などと仰天する声が上がっていた。

 前日も9回に登板したが、1死も取れずに3連打を浴び、逆転サヨナラ負けを喫したヒックス。見事にリベンジを果たした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集