[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国フィギュアは“日本の跡”を辿れるか 膨らみ始めた「ヨナ・キッズ」という蕾み

フィギュアスケートの韓国選手権が1月11日~13日まで行われ、男女ともバンクーバー五輪女王のキム・ヨナに憧れて競技を始めた「ヨナ・キッズ」と呼ばれる2人が優勝を飾った。

韓国選手権で優勝したユ・ヨン(左)とチャ・ジュンファン(右)【写真:Getty Images】
韓国選手権で優勝したユ・ヨン(左)とチャ・ジュンファン(右)【写真:Getty Images】

国内選手権を制した2人の「ヨナ・キッズ」に見る、韓国フィギュアの現在地

 フィギュアスケートの韓国選手権が1月11日~13日まで行われ、男女ともバンクーバー五輪女王のキム・ヨナに憧れて競技を始めた「ヨナ・キッズ」と呼ばれる2人が優勝を飾った。男子を制したチャ・ジュンファン(車俊煥)は自国開催だった平昌五輪代表にもなり、シニア2年目の今季は目覚ましい活躍で、羽生結弦が師事するブライアン・オーサーコーチの秘蔵っ子とも言える逸材だ。そして、ここ1、2年でタレントがそろっているジュニア世代が着実に成長を遂げてぐっと層が厚くなってきた女子の頂点を掴んだのは、昨年に続き2連覇を飾った14歳のユ・ヨンだった。昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルで銅メダル、チャ・ジュンファンは3月20日から埼玉で行われる世界選手権代表となり、ユ・ヨンは3月6日からザグレブ(クロアチア)で開く世界ジュニア選手権代表として2度目の挑戦で上位を目指す。

【PR】大谷翔平が復帰! 野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施

 韓国フィギュアスケート界で数々の金字塔を打ち立てた「フィギュアの妖精」と一世を風靡(ふうび)した韓国の至宝キム・ヨナの後継者としての呼び声も高いのが、男子ではチャ・ジュンファンであり、女子ではユ・ヨンだ。この2人にはいくつかの共通点がある。スケートを始めた頃の幼少時に同じ申恵淑コーチからジャンプの基本をしっかり習得したことだ。申コーチはダイナミックで美しいジャンプを跳んでいたキム・ヨナにも習い始めの小学生時代にジャンプ指導をした名指導者で、申コーチの教え子は基本に忠実な癖のないジャンプを跳んでいる。それは誰もが認めるところで、キム・ヨナにしてもチャ・ジュンファンにしてもユ・ヨンにしても、流れるようなジャンプに定評を持つほどだ。

 そして、申コーチの元から巣立った彼らを受け入れたのが、カナダのトロントにあるクリケットクラブで世界中からやってくるトップスケーターを指導育成するオーサーコーチが作った「チーム・ブライアン」だった。このチームは、フィギュアファンはすでにご存じだろうが、キム・ヨナはオーサーコーチがプロスケーターを引退して指導者になった時の一番弟子であり、シャイで原石だったヨナを「輝くダイヤモンド」(韓国紙の取材にオーサーコーチが答えていた)に磨き上げて五輪女王に導いた。そして、日本の羽生もまたオーサーコーチ率いる「チーム・ブライアン」の指導の賜物で66年ぶりの五輪連覇を成し遂げたと言っても過言ではないだろう。

 また2人ともに音楽的センスがあり、音を表現する能力は卓越している。特にチャ・ジュンファンは元子役として活躍していたこともあり、氷上でも抜群の演技を見せており、音をきちんと捉えて全身を使って踊る姿は見る者を魅了する。ステップシークエンスでレベル4の判定を受けることは簡単ではないが、GPファイナルではSP、フリーともにステップでレベル4をそろえた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集