[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、村上茉愛は銀を掴めたのか “日本の弱点”で誇る「Dスコア」という武器

今回の村上の快挙は日本女子体操の発展につながっていくと岡部さんは語った【写真:松橋晶子】
今回の村上の快挙は日本女子体操の発展につながっていくと岡部さんは語った【写真:松橋晶子】

“日本の弱点”ゆかで世界と渡り合える「Dスコア」を持つ強さ

 バイルズ、モーガンを残し、ラストで得意のゆかに臨んだ村上。「普段の演技ができれば、確実にメダルに手が届くという気持ちで見守っていた」と岡部さん。演技終了後、14.000の得点を叩き出した瞬間、銅メダル以上が確定。続くハードの結果を待って銀メダルが決まった。

【PR】コパ・アメリカは「DAZN」独占配信! いまなら2か月無料キャンペーン実施中!

「もちろん、すべての選手が 『絶対にミスをしない』という強い気持ちで演技に臨んでいます。しかし、昨年の世界選手権で“0.1の差”に涙をのんだ経験をした村上選手は、“着地が1歩動くだけの減点(-0.100)”の重みを知っている。0.1ポイントも落とさないぞという誰よりも強い想いを感じました」

 この日は、史上最強と謳われるバイルズも、跳馬でのしりもち、平均台での落下やふらつきをはじめ、大小のミスが目立った。

「団体予選から数えて大会は1週間目。その間、選手たちは常に気持ちが張っている状態です。その上、バイルズ選手は、腎臓結石を抱えているなかでの試合。蓄積する緊張と疲労に体調の悪さが重なり、ミスにつながったのかもしれません。しかし、ミスをしても金メダルを獲れるだけのDスコアがあり、なおかつEスコアも高い。圧巻の強さです」

 世界体操で女子個人総合のメダルを獲得した日本人は、村上で3人目(1966年大会銅の池田敬子、2009年大会銅の鶴見虹子)。村上が「銅メダルの壁」を越えられたのは、世界のトップ選手と渡り合えるDスコア(演技価値点)を持っている点が大きい。

「日本は過去、ゆかと跳馬に弱いと言われ、平均台は演技の質は良いがDスコアでの得点が稼げず、上位に食い込めなかった。でも、村上選手の代名詞となるシリバスは、最強と言われるバイルズ選手や、ハード選手も組み込んでくる技です。難易度の高いDスコアを持ち、なおかつ大きな失敗をしない質のいい演技ができるからこそ、世界2位を掴めました」

 村上がもたらした初の銀メダル。今後の日本の女子体操界に与える影響とは。

「日本の女子体操は、世界で勝てる基準となる選手がなかなか出てこなかった。今回の結果をもって後に続く選手たちは、世界のトップになるためには村上選手のレベルを目指し、超えることが必要だとわかった。日本のミスの少ない演技は高く評価されているので、いいところは残しつつ、東京オリンピック、そしてその先に向かってどうレベルアップし、チャレンジしていくのか。やるべきことは山積みですが、女子体操の発展、未来につながっていくと思います」

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!

1 2

岡部 紗季子

 1988年5月16日、東京都生まれ。朝日生命体操クラブ出身。4歳で体操を始める。02年、ナショナルチームメンバー初選抜。明大では2大会連続ユニバーシアード代表に選出。得意種目はゆか。

 引退後は明大コーチを経て、体操教室で指導を行う。TBS系「KUNOICHI」でも活躍。自身のインスタグラムでは街や海など様々な場所で逆立ちやバック転などアクロバティックな技を披露し、人気を博している。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集