[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本が悪魔のカウンターに沈んだ理由 リトバルスキー「日本はそれができなかった」

「ベルギーも簡単な相手ではないと警戒していた」

「スーパースターが揃い、優勝候補と呼ばれるベルギーは負けられないというプレッシャーがあった。前半45分間の慎重な戦い方をみると、ベルギーからも日本に対するリスペクトを感じました。彼らは日本のセネガル戦での勇敢な戦いを目の当たりにしたからです。簡単な相手ではないと警戒していた。逆にポーランド戦の戦い方で批判を集めていた日本は失うものがなく、アグレッシブだった。ベルギーの日本へのリスペクトは、試合の前半で大きなポイントになったと思います」

【PR】大谷翔平が復帰間近! 野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施

 アフリカ屈指の強豪セネガル戦で2度リードされながら追いついた日本のポテンシャルを、ベルギー代表も認めていたことが見て取れたという。日本の力を尊重するからこそ、日本が前半の45分間に互角に展開でき、後半の2ゴールに繋がったと分析している。

 目まぐるしい攻防があり、今大会随一の名勝負とも言われる日本対ベルギー。90分のドラマのクライマックスは「9秒35」で決したが、対峙した相手に対する「敬意」という日本らしい美徳が、紙一重の勝敗の差に影響したのかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信

1 2 3

ピエール・リトバルスキー

ブンデスリーガ強豪ヴォルフスブルクのスカウト部長。現役時代は天才ドリブラーとして活躍。西ドイツ代表メンバーとして1990年ワールドカップイタリア大会優勝、82年スペイン大会、86年メキシコ大会ではそれぞれ準優勝に貢献している。ブンデスリーガ1FCケルンで活躍後、1993年からJリーグJEFユナイテッド市原(現J2ジェフ千葉)で、96年からブランメル仙台(現ベガルタ仙台)でそれぞれ2シーズンプレーした。監督として横浜FC、アビスパ福岡、シドニーFCで指揮を執った。ドイツ語の他、英語、フランス語、日本語も堪能なマルチリンガル。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集