[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

被写体・大谷翔平に魅せられた米写真家 「放課後の野球少年」と重ねた二刀流の魅力

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、メジャー5年目のシーズンを終えた。今季も投打二刀流でMVP級の活躍。礼儀正しく、少年のようにプレーを楽しむ姿でも、日米の野球ファンのみならず、老若男女を魅了した。なぜ、この男はそれほどまでに愛されるのか。「THE ANSWER」の連載「人間・大谷翔平の肖像」はシーズン中、さまざまな立場から背番号17を語る記事を掲載。実力だけじゃない魅力を紐解き、大谷のようなトップアスリートを目指すジュニア世代の成長のヒントも探る。

チャンバースさんが捉えた一瞬の表情。大谷を「放課後に野球をしている子どものよう」と表現している【写真:Getty Images】
チャンバースさんが捉えた一瞬の表情。大谷を「放課後に野球をしている子どものよう」と表現している【写真:Getty Images】

連載「人間・大谷翔平の肖像」第4回 シアトル拠点のカメラマン、ステフ・チャンバースさん

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、メジャー5年目のシーズンを終えた。今季も投打二刀流でMVP級の活躍。礼儀正しく、少年のようにプレーを楽しむ姿でも、日米の野球ファンのみならず、老若男女を魅了した。なぜ、この男はそれほどまでに愛されるのか。「THE ANSWER」の連載「人間・大谷翔平の肖像」はシーズン中、さまざまな立場から背番号17を語る記事を掲載。実力だけじゃない魅力を紐解き、大谷のようなトップアスリートを目指すジュニア世代の成長のヒントも探る。

 第4回は写真や動画などを取り扱う世界最大級のデジタルコンテンツカンパニー「Getty Images(ゲッティイメージズ)」に所属し、米シアトルを拠点に活動する女性カメラマンのステフ・チャンバースさん。MLBでは普段マリナーズを中心に撮影しているが、同地区ライバル球団に所属する大谷を「放課後に野球をしている子どものよう」と表現。他の選手とは異なる魅力を教えてくれた。(取材・文=THE ANSWER編集部・和田 秀太郎)

 ◇ ◇ ◇

 チャンバースさんは2019年にペンシルベニア州地元紙「ピッツバーグ・ポスト・ガゼット」の一員として、米報道界で最高の名誉とされるピューリッツァー賞・ニュース速報部門を受賞した実績を持つ。昨年の東京五輪では来日して活動。今年8月にはイチロー氏の球団殿堂入り式典を撮影した。

「他の誰かの人生で最も特別な瞬間を撮影することが好き」というチャンバースさん。熟練の腕前をもつ彼女にとって、被写体・大谷は大きな魅力を持つようだ。

「初めてオオタニを撮影したとき、スーパーヒーローのような存在であることに感動したのを覚えています。背が高く、力強く、表情豊か。彼はいつもフィールドで最も個性的な選手です。それが、選手としても人としても、誰もが彼に惹かれる理由なのだと思います」

 マリナーズ戦でシアトルに遠征してきた大谷にカメラを向け、シャッターを切って気付いた他の選手にはない魅力もある。

「オオタニが他の選手と違うところは、放課後に野球をしている子供のように、いつも楽しそうにしているところです。そういう意味では、好感が持てますね。彼は強い競争心を持った選手でありながら、いつも冗談を言ったり、変顔をしたりしています。この2つを合わせ持ち、かつ世代を超えて活躍できるアスリートはそうそういないでしょう」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集