[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

6度目プロテストから10か月後の初V争い 「絶望的」経験をはねのけた成澤祐美の感慨

女子ゴルフの国内ツアー・ゴルフ5レディス(千葉・ゴルフ5Cオークビレッヂ)は4日、セキ・ユウティン(ミツウロコグループホールディングス)のツアー初優勝で幕を閉じた。一方、同じ1997年度生まれの24歳でルーキーの成澤祐美(フリー)は3位から出たものの、最終的に通算4アンダーで27位。初の最終日最終組だったが、上位で戦う厳しさを突きつけられた。しかし、6度目のプロテストを控えていた1年前を思うと、環境は雲泥の差。初めて受けた大歓声に感激した成澤は、「あきらめなくて良かった。またあの場に立ちたい」と燃えている。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

ゴルフ5レディスで初めての最終日最終組でラウンドした成澤祐美【写真:Getty Images】
ゴルフ5レディスで初めての最終日最終組でラウンドした成澤祐美【写真:Getty Images】

ゴルフ5レディスで初めての最終日最終組

 女子ゴルフの国内ツアー・ゴルフ5レディス(千葉・ゴルフ5Cオークビレッヂ)は4日、セキ・ユウティン(ミツウロコグループホールディングス)のツアー初優勝で幕を閉じた。一方、同じ1997年度生まれの24歳でルーキーの成澤祐美(フリー)は3位から出たものの、最終的に通算4アンダーで27位。初の最終日最終組だったが、上位で戦う厳しさを突きつけられた。しかし、6度目のプロテストを控えていた1年前を思うと、環境は雲泥の差。初めて受けた大歓声に感激した成澤は、「あきらめなくて良かった。またあの場に立ちたい」と燃えている。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 戦いを終えた後、成澤はすぐに井上龍太郎キャディーと京都へ移動した。レンタカーを返し、羽田空港から自家用車を駐車していた岡山空港へ。そこから京都まで車を走らせた。ホテル到着は深夜0時を回っていた。

「運転は井上さんがしてくれましたが、これがツアープロの生活なんだと実感しています。毎試合出ている人は体力的にもすごいです。車の中では、私に何が足りなかったのかを話し合っていました」

 一夜明けた5日、成澤は8日開幕の日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯(京都・城陽CC)に向けて練習ラウンド。終了後、電話取材に応じ、初めての優勝争いを振り返った。

「大勢のギャラリーを見て、やっぱり緊張しました。実は1年前、(予選会を突破して)出場した日本女子オープンの公開練習ラウンド日に同じような状況は経験していました。(岡山・作陽高の)後輩の渋野(日向子)と一緒に回ったからです。ただ、今回は試合なので1番(パー4)から手が震えました。ティーにボールが乗るかが心配なくらいに」

 放った第1打は左ラフへ。第2打はピン奥のカラーまで運び、そこからのバーディートライは、ジャストタッチでカップインした。瞬間、「ナイスバーディー!」の大歓声が耳をつんざいた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集