[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「バットマン」宮本恒靖の真実 「ボールが一瞬消える」違和感と空前の“ツネさま”人気

2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

「バットマン」と呼ばれて人気を博した2002年W杯時の宮本恒靖氏【写真:Getty Images】
「バットマン」と呼ばれて人気を博した2002年W杯時の宮本恒靖氏【写真:Getty Images】

「日韓W杯、20年後のレガシー」#23 宮本恒靖の回顧録・第1回

 2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 2002年W杯に出場した日本代表メンバーは、大会を機に全国区の知名度を誇るようになったが、そのなかでも圧倒的な人気を獲得した1人が25歳で初出場した宮本恒靖だろう。開幕直前に鼻骨を骨折したことでフェイスガードを装着、その姿が「バットマン」と呼ばれ一大ブームを巻き起こした。「回顧録」第1回では、緊急出場となったベルギー戦の舞台裏を振り返る。(取材・文=佐藤 俊)

 ◇ ◇ ◇

 2002年の日韓W杯は日本中を熱病のように興奮させ、空前のサッカー人気を巻き起こした。そして、ヒーローが誕生した。

 その1人が、宮本恒靖だ。

 登場シーンは、多くの人にインパクトを与えるものだった。W杯初戦、ベルギー戦の後半26分。森岡隆三が負傷し、サミアコーチが「ミヤ、ミヤ」と宮本を呼んだ。

「ピッチを見ていたら、隆三がしゃがんでしまったので、途中出場の可能性があるかもしれないと思いながらも、気負いすぎるのも良くないので、まあ大丈夫だろうと考えていました。基本的にDFの選手はFWの選手と違って、試合の途中で入ることがなかなかないので、実際に呼ばれた時はかなり緊張しました。2-1で勝っている状況で、まだ20分近く時間があったのでプレッシャーがあったし、試合をどう終わらせようか。それを考えながらピッチに入りました」

 宮本が黒のフェイスガードを装着してピッチサイドに立った時、スタジアムが沸いた。チームの緊急事態に、「ヒーロー見参」とばかりに颯爽と現れたからだ。のちに「バットマン」と称され、世界中にその名を知らしめることになる宮本が初めてW杯の舞台に登場した瞬間だった。

1 2 3

佐藤 俊

1963年生まれ。青山学院大学経営学部を卒業後、出版社勤務を経て1993年にフリーランスとして独立。W杯や五輪を現地取材するなどサッカーを中心に追いながら、大学駅伝などの陸上競技や卓球、伝統芸能まで幅広く執筆する。『箱根0区を駆ける者たち』(幻冬舎)、『学ぶ人 宮本恒靖』(文藝春秋)、『越境フットボーラー』(角川書店)、『箱根奪取』(集英社)など著書多数。2019年からは自ら本格的にマラソンを始め、記録更新を追い求めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集