[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹、1mも寄らないミス→挽回 米実況席も「ハッハハ」と笑う好チップインに脚光

米男子ゴルフの松山英樹(LEXUS)は、19日(日本時間20日)まで行われた海外メジャー第3戦・全米オープンで通算3アンダーの4位に入った。大会4日間で全選手のベストスコアを叩き出した最終日、2番パー3では寄せきれなかった第2打をカバーするチップインでパーセーブ。ギャラリーを大いに沸かせていた一打に、大会公式も脚光を浴びせた。

通算3アンダーで4位に入った松山英樹【写真:ロイター】
通算3アンダーで4位に入った松山英樹【写真:ロイター】

松山は4位、最終日に全選手のベストスコアを叩き出す

 米男子ゴルフの松山英樹(LEXUS)は、19日(日本時間20日)まで行われた海外メジャー第3戦・全米オープンで通算3アンダーの4位に入った。大会4日間で全選手のベストスコアを叩き出した最終日、2番パー3では寄せきれなかった第2打をカバーするチップインでパーセーブ。ギャラリーを大いに沸かせていた一打に、大会公式も脚光を浴びせた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 ミスを挽回した。2番パー3、松山の第1打はグリーン脇のラフに入った。ピンに寄せたい第2打だったが、深いラフの影響で僅か3フィート(約91.4センチ)しか寄せられなかった。ボールはグリーンに乗らず、カラーでストップした。

 しかし続く第3打で、松山は絶妙なタッチのアプローチを披露。アイアンで放った一打が直接カップインし、見事にパーセーブした。ギャラリーは大きな歓声と拍手を送り、米国の実況席からも「オッケー!」「成功させました」「ハッハッハハ」と思わず笑い声が漏れていた。全米オープン公式ツイッターは、実際の映像を投稿している。

 6アンダーで優勝したマシュー・フィッツパトリック(英国)には届かなかったものの、松山は最終日に5バーディー、ボギーなしの65を記録。猛追で大会を盛り上げていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集