[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ワイルダー&カネロらと“階級別最強パンチャー”に英選出「日本の破壊者」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)は、英メディアにも高く評価されている。英ラジオ局「トークスポーツ」は階級別最強パンチャー格付け企画を実施。「バンタム史上最強のハードパンチャー」と大絶賛されている井上も、堂々の選出を果たした。

WBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】
WBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】

英スポーツの最強パンチャー企画に名を連ねる

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)は、英メディアにも高く評価されている。英ラジオ局「トークスポーツ」は階級別最強パンチャー格付け企画を実施。「バンタム史上最強のハードパンチャー」と大絶賛されている井上も、堂々の選出を果たした。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 トークスポーツは「全階級で最高のハードパンチャー」などと見出しを打って、格付け企画の記事を掲載。階級毎に最強パンチャーを選出しており、ヘビー級のデオンテイ・ワイルダー、スーパーミドル級のカネロことサウル・アルバレスら錚々たるメンバーが並ぶ中、バンタム級では「Naoya Inoue」の名前が挙がった。

 寸評には「モンスターは過去10試合で判定にもつれ込んだ相手がただ1人しかいない。現代ボクシングのレジェンド、ノニト・ドネアだ。だから今月の再戦で、井上は約4分間でドネアを破壊することで小さな問題を修正してみせた」と記載。2019年に12ラウンドを戦ったドネアとの再戦で、2回TKO勝ちを収めたその強さを評価されている。

「日本の破壊者は23戦全勝の戦歴を誇り、どちらの拳でもライバルをキャンバスにぶっ飛ばすことができる。これまでに存在したどんなバンタム級(ファイター)よりもハード(パンチャー)だ」とも記され、バンタム史上最強と絶賛されている。

 井上以外の日本人ファイターでは、WBO世界フライ級王者の中谷潤人、WBC世界ライトフライ級王者の寺地拳四朗、WBO世界ミニマム級王者の谷口将隆も選出されていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集