[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

18勝KO率100%のライトヘビー級王者、319秒で敗れた相手が衝撃回顧「平衡感覚失った」

18日(日本時間19日)に米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われたボクシングのWBC&IBF&WBO世界ライトヘビー級3団体統一戦は、WBC&IBF王者アルツール・ベテルビエフ(ロシア)がWBO王者ジョー・スミスJr.(米国)に2回2分19秒TKO勝ち。計4度のダウンを奪い、プロデビューから18戦連続KOをマークした。敗れたスミスJr.は「平衡感覚を失ってしまった」と被弾した強烈なパンチを回顧している。

敗れたスミスJr.(左)が「平衡感覚を失ってしまった」と振り返った【写真:Getty Images】
敗れたスミスJr.(左)が「平衡感覚を失ってしまった」と振り返った【写真:Getty Images】

ベテルビエフが3団体統一戦に2回TKO勝ち

 18日(日本時間19日)に米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われたボクシングのWBC&IBF&WBO世界ライトヘビー級3団体統一戦は、WBC&IBF王者アルツール・ベテルビエフ(ロシア)がWBO王者ジョー・スミスJr.(米国)に2回2分19秒TKO勝ち。計4度のダウンを奪い、プロデビューから18戦連続KOをマークした。敗れたスミスJr.は「平衡感覚を失ってしまった」と被弾した強烈なパンチを回顧している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 圧倒的な強さに屈した。スミスJr.は初回に右フックを被弾し1度目のダウン。2回にも右をもらって片膝をつくと、再開直後にも連打を浴びせて3度目のダウンを喫した。ベテルビエフの猛攻を止めることはできず、最後は左アッパーなどで4度目のダウンを奪われ、わずか319秒で決着。TKO負けでベルトを失った。

 37歳のベテルビエフは驚異のKO率100%をキープ。2013年6月のプロデビューからの連勝を「18」に伸ばし、米記者たちもツイッターで続々と反応していた。一方、敗れたスミスは自身のインスタグラムで「まずは私を応援してくれたみんなに感謝を言いたい。先週末はプラン通りに行かなくて、集中できなかった」などと試合を振り返っている。

 2回で計4度のダウンを奪われたが、「耳の後ろを打たれるというミスを犯して、平衡感覚を失ってしまったんだ。そこから回復することができなかった」とベテルビエフに浴びた強烈なパンチについて語り、「言い訳はしない。深呼吸をして、リラックスし、自分のボクシングに戻るべきだった。罠にかかってしまった」と負けを認めていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集