[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

少子化に教員不足…部活のあるべき姿とは? 78歳名将の願い「人間づくりを忘れずに」

埼玉県坂戸市の部活動指導員として、同市立桜中学校男子バレーボール部を指導する萩原秀雄さん(78歳)は、Vリーグ男子2部・埼玉アザレアの部長でもある。かつては日本バレーボール協会の強化事業本部長や専務理事も歴任。埼玉県の保健体育科教諭として指導者のキャリアをスタートさせ、川越高校と坂戸西高校で計39年、男子バレー部の強化と育成に尽力した部活動指導の第一人者だ。後編では萩原さんのキャリアを振り返りながら、部活動のあるべき姿について話を聞いた。(取材・文=河野 正)

現在は部活動指導員として、桜中学校男子バレーボール部を教える萩原秀雄さん【写真:河野正】
現在は部活動指導員として、桜中学校男子バレーボール部を教える萩原秀雄さん【写真:河野正】

萩原秀雄氏インタビュー後編、縁もゆかりもない埼玉で指導者人生をスタート

 埼玉県坂戸市の部活動指導員として、同市立桜中学校男子バレーボール部を指導する萩原秀雄さん(78歳)は、Vリーグ男子2部・埼玉アザレアの部長でもある。かつては日本バレーボール協会の強化事業本部長や専務理事も歴任。埼玉県の保健体育科教諭として指導者のキャリアをスタートさせ、川越高校と坂戸西高校で計39年、男子バレー部の強化と育成に尽力した部活動指導の第一人者だ。後編では萩原さんのキャリアを振り返りながら、部活動のあるべき姿について話を聞いた。(取材・文=河野 正)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 日本体育大学のバレー部主将だった萩原さんは、実業団でプレーすることを希望していたが、どこからも声がかからなかった。そんな折、大学の大先輩から埼玉県の教員になるよう要請された。1967年の第22回国民体育大会(国体)の開催地は埼玉で、教員男子チームは本気で初優勝を狙っていた。

 その大先輩というのが、埼玉県立久喜高校を国内屈指の強豪に育て上げ、全国高校選手権(現・全日本高校選手権)や全国高校総体を計4度制した稲山壬子監督だ。教え子の吉田真理子は、76年のモントリオール五輪金メダリスト。64年の東京五輪では、強化コーチとして初の金メダル獲得に貢献した名伯楽である。

「東京・高田馬場で生まれ育った私が、縁もゆかりもない埼玉で、しかも考えたこともなかった教員になり、指導者人生を送るのですから、人の運命は分からないものですね。国体は決勝で岐阜教員にストレート勝ちして優勝し、強化選手としての責任を果たせました」

 66年4月の初任地が、2015年にノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章氏の母校、県内屈指の進学校である川越高だった。バレーの強豪校を望んでいただけに赴任当初はがっくりきたが、やがて文武を見事に両立させる選手に驚かされ、「教える立場の自分が生徒から多くを学んだ」と述懐するまでになる。

 76年の川越高は史上最強で、第7回全国高校選抜優勝大会(現・全日本高校選手権)と佐賀国体に出場。3年生の主力5人は国体で10月末まで練習していたが、東京慈恵会医大、北海道大、筑波大、都留文科大、慶応大に全員が現役で合格。東京慈恵会医大の松藤千弥学長は、当時のメンバーである。関東高校大会には9度も出場した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集