[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

31歳柔道家がまだ引退しない理由 五輪代表落選で生まれた「本物の覚悟」とは何なのか

体重無差別で争う柔道の全日本選手権が29日、東京・日本武道館で行われる。2020年以来2大会ぶりの優勝を狙うのが、16年リオ五輪男子100キロ級銅メダリスト・羽賀龍之介(旭化成)だ。28日に31歳になったベテラン。次々と若手が台頭する中で戦い続ける理由とは。「THE ANSWER」が全3回にわたってお送りする単独インタビューの第1回。柔道家の持つ「本物の覚悟」を聞いた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

「五輪が全てじゃない」で蘇った羽賀龍之介、覚悟について語った【写真:荒川祐史】
「五輪が全てじゃない」で蘇った羽賀龍之介、覚悟について語った【写真:荒川祐史】

リオ五輪柔道男子100kg級銅メダリスト・羽賀龍之介、インタビュー第1回

 体重無差別で争う柔道の全日本選手権が29日、東京・日本武道館で行われる。2020年以来2大会ぶりの優勝を狙うのが、16年リオ五輪男子100キロ級銅メダリスト・羽賀龍之介(旭化成)だ。28日に31歳になったベテラン。次々と若手が台頭する中で戦い続ける理由とは。「THE ANSWER」が全3回にわたってお送りする単独インタビューの第1回。柔道家の持つ「本物の覚悟」を聞いた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 まだやり切っていない。だったら、どういう状況になった時に「やり切った」と言えるのか。羽賀は今月3日に全日本選抜体重別選手権の100キロ級を制したばかり。「フフフッ」と笑みを浮かべながら答えてくれた。

「本当は選抜体重別で優勝して辞めようかなと思っていたんですよ。あの日は『ここで優勝して辞めてやる』ぐらいの気持ちで戦っていました。ボロボロになるまでやるのもカッコいいし、まだやれると思いながら優勝して辞めるのもカッコいい。けど、勝った瞬間に『まだ辞められないな』と思いました。試合の時に『勝って辞める』という覚悟が出てきてよかった。この感覚はキャリアを積んでいない選手にはないと思うんですよね」

 次の五輪に向けて、今年の世界選手権に向けて。そんな未来を見据えた日々ではない。対峙するのは年下ばかり。目の前の相手に勝つことだけを視界に入れ、31歳は戦っている。だから、死力を尽くす「覚悟」が生まれるのだ。

 現役を続けるか否か、大きく揺れた時期がある。2020年2月27日、東京五輪代表が発表された。男子100キロ級に選ばれたのはウルフ・アロン。リオ五輪銅メダルだった羽賀は、リベンジの夢が絶たれた。4年に一度の大舞台で世界一になることが人生の全て。日本の柔道家にとって、それが当たり前だった。

「自分の中で腹を括っていたので、東京五輪に出たら辞めるつもりだったし、出られなくても辞めようと思っていました。それくらいの覚悟じゃないと、五輪の金メダルは獲れない。4年に一度の選考会のその日に間に合わないと、今までの4年間とか、小さい頃からやってきたことの全てが無駄だったという評価になってしまうと考えていた。実際はそうではないですが、それ(無駄になること)を受け入れたくない自分がいました。

 なぜ、柔道などアマチュアスポーツは五輪だけが評価されるんだろうと感じることがあります。そう思いたくなかったし、そう思った瞬間に前に進めない気がしたので、『五輪だけが全てじゃない』と思って頑張っていきたいと考えるようになりました」

 当時28歳。先輩たちを見てきた限り、30代で現役を続けることに不安があった。「それが気持ちが高まり切れない理由でもあった」。代表落選直後に訪れたコロナ禍。大会がなくなり、スポーツをすることへの風当たりも強くなった。開催された数少ない大会の一つが全日本選手権。20年12月に延期された国内最高峰の舞台に向けて「まず、やろう」と見据えた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集