[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也に投じたメジャー最強守護神のカッターに米衝撃「最終的に左打席で捕ってる」

米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手が27日(日本時間28日)、敵地ブレーブス戦に「2番・右翼」でスタメン出場。フェンス直撃のタイムリー二塁打を放つなど、3試合ぶりのマルチ安打をマークしたが、9回に対戦したメジャー最強クラスの守護神のカットボールにファンの衝撃が走った。

ブレーブスのケンリー・ジャンセン【写真:ロイター】
ブレーブスのケンリー・ジャンセン【写真:ロイター】

鈴木が9回にジャンセンと対戦、代名詞のカットボールが話題に

 米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手が27日(日本時間28日)、敵地ブレーブス戦に「2番・右翼」でスタメン出場。フェンス直撃のタイムリー二塁打を放つなど、3試合ぶりのマルチ安打をマークしたが、9回に対戦したメジャー最強クラスの守護神のカットボールにファンの衝撃が走った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 鈴木も思わず驚いたように身を反らした。3-3で迎えた9回1死の第5打席、対戦したのはこの回から登板している守護神ジャンセンだった。今季ドジャースから移籍した通算355セーブの最強クローザーはカウント1-2からの4球目、代名詞のカットボールを投じた。真ん中付近から急激に曲がり、鈴木から逃げるようにアウトコースへ。ボールとなったが、149キロにして驚異の変化量。結局、この打席は一飛でジャンセンに軍配が挙がり、1イニングを打者3人で料理した。

 この1球をクローズアップしたのは「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏。自身のツイッターで「ケンリー・ジャンセンのヤバいカットボールの変化」と動画を紹介した。目の当たりにした米ファンからも「フリスビーじゃないか」「真ん中コースから最終的に左打席で捕球してる(笑)」「もはやスライダーじゃないの?」と驚きの声が上がった。

 一方で「セイヤには選球眼がある」「振らなかったのもっと凄くない?」と手を出さなかった鈴木への称賛の声も。また、米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターは変化量をチャートした分布図をもとに「ケンリーのカットボールのような球は誰も投げない」と伝えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集