[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ボクシングにすがるしかなかった」 村田諒太は人生を懸けた、ただ「強く」あるために

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けし、番狂わせはならなかった。興行規模が20億円を超える日本史上最大のビッグマッチ。下馬評では圧倒的不利だった村田は歴史的選手に敗れ、2度目の王座陥落を喫した。

ゴロフキンと死闘を繰り広げた村田諒太(奥)【写真:荒川祐史】
ゴロフキンと死闘を繰り広げた村田諒太(奥)【写真:荒川祐史】

村田諒太が今、思い出した「ガキの頃の気持ち」

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けし、番狂わせはならなかった。興行規模が20億円を超える日本史上最大のビッグマッチ。下馬評では圧倒的不利だった村田は歴史的選手に敗れ、2度目の王座陥落を喫した。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 何度強打を受けても立ち向かった激闘。試合ができなかった2年4か月の間に自問自答を続け、「自分は何を表現したくて生きてきたのか」と見つめ直した。1万5000人の観衆に感動を与えた9ラウンドの攻防。キャリアの晩年を迎え、たった一つの想いを胸に拳を振っていた。戦績は36歳の村田が16勝(13KO)3敗、40歳のゴロフキンが42勝(37KO)1敗1分け。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

 ◇ ◇ ◇

 負けない。負けたくない。意識が朦朧とする。角度を変え、何十発も飛んでくる岩のような拳。でも、村田は決して引かなかった。視界に映る世界最強のボクサー。血が滲み、傷だらけになった顔を鬼の形相に変え、反撃に出た。ただ、強くあるために――。

 838日という超異例の長期ブランクだった。最後の試合は2019年12月23日。試合が決まりかけては流れることを繰り返し、コロナ禍に翻弄された。趣味は読書、とりわけ良く手に取るのは哲学書。試合のない期間も脳みそをフル回転させ、物事の考え方を深めた。

 地頭が強い希代のボクサー。思考が激しくぶつかった。

「自分は何に興味があるのだろう。自分は何を見せたいのだろう。何にそんなにこだわってきたのだろう。何を目標にしてきたのか。何を表現したくて生きてきたのか」

 頭の中をグルグルと駆け巡った。2年に及ぶ自問自答。たどり着いた答えはシンプルだった。

「強いのを見せたい。強さという評価で、人より下は嫌。誰に強さを証明したいのか。自分自身に証明したい」

 中学3年の初夏。“ヤンチャ”だった14歳は、喧嘩よりもルールのあるボクシングに興味を持ち始めた。手を焼いた先生に「お前、ちょっとやってみろ」と勧められてはめたグラブ。厳しい、苦しい。自信は打ち砕かれ、たった2週間で逃げ出した。持て余した腕力と時間。「僕も特別でいたかった。ボクシングにすがるしかなかった」。再びリングに戻った。

「すがるしかない。それはいまだに続いている。正直、ボクシングを取った自分に自信がないと思うこともある。だから、続けていくには『カッコつけなければ』と」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集