[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

合格率3%難関の女子ゴルフプロテスト 母はロシア出身、6度目の挑戦目指す23歳の決意

国内女子ゴルフツアーが活況を呈する中、今年も夏からプロテストが実施される予定だ。だが、合格率は3%台の超難関。何度も跳ね返されている選手が数多くいる。母がロシア出身の伊藤真利奈もその一人で、次が6度目の挑戦になる。ロシアの今を憂いつつ、自分の人生を切り拓こうとする23歳の思いを聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

プロテスト合格を目指す23歳の伊藤真利奈【写真:本人提供】
プロテスト合格を目指す23歳の伊藤真利奈【写真:本人提供】

伊藤真利奈が6度目のプロテスト挑戦、黄金世代と同学年

 国内女子ゴルフツアーが活況を呈する中、今年も夏からプロテストが実施される予定だ。だが、合格率は3%台の超難関。何度も跳ね返されている選手が数多くいる。母がロシア出身の伊藤真利奈もその一人で、次が6度目の挑戦になる。ロシアの今を憂いつつ、自分の人生を切り拓こうとする23歳の思いを聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 伊藤は北海道で生まれ、12歳でゴルフを始めた。父親から、「半ば強制的に」クラブを握らされたという。

「小学校まではテニスをしていて、4年生までは北海道大会優勝など上位でした。ゴルフは中学から始めたものの、なかなかうまくいかなくて、試合に出れば100、90とたたいていました。その頃から、(同学年の小祝)さくらは70台で回っていて優勝。私はビリで辛かったです」

 ただ、恵まれたフィジカルと運動能力の高さがあり、本人も「やるならプロを目指す」と決意。シングルプレーヤーの父と二人三脚で腕を上げ、中3になる頃には70台で回り、高3で北海道高校選手権を制覇。そして、17年に初めてプロテストを受験した。1次予選の結果は3日間で通算27オーバー。70台を1度も出せず、カットラインに10打届かなかった。

「今、考えるとテストを受けるのも恥ずかしいレベルでした。ただ、その年の冬にコーチと出会って、私のゴルフが変わっていきました」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集