[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

公立中学サッカー部を次々と強化 異色の指揮官が重視する「1対1」と教師目線の信条

さいたま市立南浦和中学校のサッカー部を率いる神立朋次さん(56歳)は、教職に就くまでは異色のキャリアを歩んだ。40歳でこの道に入ると、独自の手法で赴任した先々のサッカー部を強化。2016年に着任した南浦和中でもチームとして結果を残し、20年11月の高円宮杯全日本ユース(U-15)選手権関東大会に、唯一の中体連チームとして出場している。公立中学を率いて、毎年好チームを作り上げる見事な手腕に注目が集まるなか、後編では個人技を磨く独自の指導法と、中学教師として持ち続ける信条に迫った。(取材・文=河野 正)

南浦和中学校サッカー部を卒業した3年生部員との集合写真【写真:本人提供】
南浦和中学校サッカー部を卒業した3年生部員との集合写真【写真:本人提供】

南浦和中サッカー部・神立朋次監督インタビュー後編、赴任先のチームを短期間で強化

 さいたま市立南浦和中学校のサッカー部を率いる神立朋次さん(56歳)は、教職に就くまでは異色のキャリアを歩んだ。40歳でこの道に入ると、独自の手法で赴任した先々のサッカー部を強化。2016年に着任した南浦和中でもチームとして結果を残し、20年11月の高円宮杯全日本ユース(U-15)選手権関東大会に、唯一の中体連チームとして出場している。公立中学を率いて、毎年好チームを作り上げる見事な手腕に注目が集まるなか、後編では個人技を磨く独自の指導法と、中学教師として持ち続ける信条に迫った。(取材・文=河野 正)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 神立さんは埼玉・武南高校を卒業後、ロンドンやローマで語学を習得し、帰国すると塾講師、旅行代理店、輸入雑貨商で生計を立ててきた。異業種を経験するうち、40歳で若い頃からの憧れだった教員に転身。埼玉県の中学校で英語科教諭となり、同時に顧問を務めた勤務先のサッカー部を次々と強化していった。

 2006年4月の初任地がさいたま市立土合中で、2校目がさいたま市立与野東中。ともに臨時的任用教員という肩書で1年ずつ勤務し、サッカー部でコーチを受け持った。

 3校目のさいたま市立宮原中では監督として2年間指導し、10年夏の埼玉県学校総合体育大会(学校総体)で同校初の準優勝。全国中学校大会の予選を兼ねる関東中学校大会に初出場した。神立さんは同年春、さいたま市立尾間木中に異動していたが、蒔いておいた種が花開いたのだ。

 1947年創立の尾間木中は、56年に校名を東浦和中に変えたが、生徒数が激増したため分校を新設。90年に開校したのが、かつての校名を復活させた尾間木中だ。神立さんは同校に着任した2010年から、正規教員となって忠勤を尽くしてきた。

 1980年代終盤の東浦和中は県内有数の強豪ながら、学校総体は2年続けて準優勝に終わった。88年は浦和大原中に敗れ、翌年は浦和田島中に屈した。上野良治(元横浜F・マリノス)を擁した大原中は全国中学校大会も制し、室井市衛(元浦和レッズ)のいた田島中は同大会3位というように、当時の埼玉代表は常に全国大会の優勝候補だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集