[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高木美帆は「100年に一度の選手」 高校から年60レース、未来が見えていた天才の凄さ

「勝ち負けじゃない」自らの理想の滑りを追求

「私もそう思ったし、連盟の方からもそう言われることもありました。だから美帆に『いろいろやりたいのは分かるけど、短距離、中距離、長距離のどれかに絞ってみよう』と聞いたんです。そうしたら『(日程面で)物理的に可能であれば全部出たい』と。『どうして?』と聞いたら、『今からやっておかないと、タフにならないとダメなんです』と言うんです。私は凡人だから、“今から”ってどういう意味なんだろうと、その時は分からなかったけど、平昌五輪や現在の状況を見れば、なるほどなと。少し大袈裟かもしれませんが、美帆には未来が見えていたんでしょうね。天才的な人間というのは、そうなのかなって」

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 国内トップレベルの選手が、通常は年間で20~30レースに絞るところを、高木は高校の3年間、ずっと1年で50~60レースを滑っていた。過密日程での連戦や、海外遠征直後の時差ぼけがあるような状況でのレースになれば、当然パフォーマンスは落ちる。それでも「勝ち負けじゃない」と平然と語り、自らの理想を追求し続けた。

「本質的なところは変わっていない」と東出さんは現在の高木の滑りを見ているが、オールラウンダーとして世界の第一線で戦い続けたことで、高校時代とは比較にならないほどの“パワー”を得たと語る。

「車にたとえるなら、高校に入った頃は高性能だけど排気量の少ないコンパクトカー。それは高校生だから当然。そこから本当に少しずつ少しずつ排気量を増やして、車体も足回りもタイヤも大きくなった。今はもう世界で1、2を争うような排気量を誇るスーパーカーっていう感じに見えるよね」

 10代の頃から理想の滑りを追求し続けてきた高木は、3度目の出場となった今回の北京五輪で、13日間で7本のレースに挑んだ。2つ目の種目となった7日の1500メートルは世界記録(1分49秒83)を持っており、最も金メダルに近いとされたが2大会連続の銀メダルとなり、13日の500メートルでは逆に会心の滑りで銀メダル。そして15日の団体パシュート決勝では、姉・高木菜那の転倒もあって2大会連続の金メダルを逃していた。

 そうした悔しさを経て迎えた17日の1000メートルで、五輪新記録となる完璧な滑りを披露。ゴール直後に歓喜のガッツポーズを見せ、その後、個人種目で初の金メダル獲得が決まると、ヨハン・デビットコーチと抱き合い涙を流した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集