[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【ゴルフ】なぜ賞金女王から最短シード落ち? 森田理香子が抱えた苦悩といまだ宿る炎

2013年の賞金女王、森田理香子がついにシード権を失った。女子ゴルフの大王製紙エリエール女子オープンの2日目、森田は通算1アンダーの60位で予選通過はならず、来季シード権を得られる賞金ランキング50位以内を逃した。

20161120_moritaka

「感性だけでやってきた」…賞金女王から3年でシード権を失った森田理香子

 2013年の賞金女王、森田理香子がついにシード権を失った。女子ゴルフの大王製紙エリエール女子オープンの2日目、森田は通算1アンダーの60位で予選通過はならず、来季シード権を得られる賞金ランキング50位以内を逃した。

 今年は森田にとって、苦しいシーズンだった。33試合に出場して、予選落ちが18回。獲得賞金も1000万円強で、賞金ランキングも69位と低迷した。3年前の13年に年間4勝し、賞金女王になった選手とは思えないプレーが続いた。

「賞金女王になった後、もっとうまくなりたいという気持ちが強く、スイングを変えたりしていろんなことを試しました。理論を知らないまま、感性だけでやってきたので、いろんなことをいじりすぎて、どんどん悪い方向にいってしまったんです」

 14年は1勝して賞金シードを獲得。15年は未勝利だったが、賞金ランキング20位でシーズンを終え、それでもトッププレーヤーであることを証明した。そして今年の結果は前述した通り。

 すべてが悪い方向へと向かったのは、賞金女王という肩書とプライドが、森田を縛り付けていたからだ。アプローチがうまく打てない“イップス”であることを周囲にも知られたくなかった時期があった。

「賞金女王なのに、イップスになっていることがばれたらどうしようとか、そんなことばかり考えていた時期もありました」

 しかし今は違う。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集