[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「粗野なれど、卑にあらず」 生涯修行を貫き、五輪連覇した最強柔道家・大野将平の魂

柔道の大野将平(旭化成)がTHE ANSWERの単独インタビューに応じ、独自の言葉学について考えを明かした。東京五輪73キロ級で連覇を達成した柔道界の絶対王者。金メダル直後のインタビューで「自分が何者であるかを証明する戦いができた」とコメントし、その言葉がファンのみならず、他競技のアスリートに感銘を与えた。なぜ、大野は柔道だけでなく言葉も強いのか。後編では五輪連覇を達成した今、大切にしているという言葉を明かし、頂点を極めた柔道家としての哲学を語った。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

五輪連覇を達成した大野将平が今大切にしている言葉を明かした【写真:Getty Images】
五輪連覇を達成した大野将平が今大切にしている言葉を明かした【写真:Getty Images】

単独インタビュー後編、五輪連覇を達成した今大切にしている言葉

 柔道の大野将平(旭化成)がTHE ANSWERの単独インタビューに応じ、独自の言葉学について考えを明かした。東京五輪73キロ級で連覇を達成した柔道界の絶対王者。金メダル直後のインタビューで「自分が何者であるかを証明する戦いができた」とコメントし、その言葉がファンのみならず、他競技のアスリートに感銘を与えた。なぜ、大野は柔道だけでなく言葉も強いのか。後編では五輪連覇を達成した今、大切にしているという言葉を明かし、頂点を極めた柔道家としての哲学を語った。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 五輪連覇を達成した大野将平が今、大切にしている言葉がある。

「粗野(そや)なれど、卑(ひ)にあらず」

 地元・山口から中学入学と同時に上京し、血の滲むような稽古を積んだ柔道界の虎の穴、講道学舎の恩師に授けられたものだ。

「荒削りの人間だけれども、卑しくない、卑怯ではないという意味。柔道家として尖っている部分もありますが、そうであっても悪者ではない。人間として完璧な人間はいないけれども、別に未完成なことを恥じることはないと思って受け止めています」

 なぜ、柔道界の究極の高みに上り詰め、この言葉に重きを置くのか。

「今も心のどこかでどうしても完璧であろうとしてしまう。周りは『五輪を2連覇した人』という見方になり、そこで背伸びをしてしまいそうになる。等身大で生きていれば、イライラする時もある。余裕がない時は忙しくて人に優しくできないこともある。

 あるいは取材を受けた時は失礼がなかったかなとか、自問自答する。時間が経って落ち着いたら後悔することは多々あるもの。もっと丁寧に受け答えすれば良かったとか。そういう時にやっぱり、その言葉を思い出して謙虚にやっていかなければいけない」

 到底、五輪連覇を達成した男には思えないほど、この男は常に謙虚さをまとい続けている。

「私自身、良い人間ではないし、粗削りな大野将平だと思います」と言う。「でも、自分自身は欠落している部分がある方が、人間くささがあって好きです。“いいひと”であることもない。完璧な人間はいないですし」というのが、偽らざる本音だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集