[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

誰よりも好かれたランナー福士加代子 現役最後に知った感覚「私からありがとう、と」

大阪ハーフマラソンが30日、大阪・ヤンマースタジアム長居発着の21.0975キロで開催された。大阪国際女子マラソンと同時スタートで行われ、引退レースの39歳・福士加代子(ワコール)は1時間16分4秒の30位で完走。誰よりも人の心を掴んだランナーは、最後のレースで「皆さんに希望をもらった」と初めての感覚を明かした。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

引退セレモニーで抱えきれないほどの花束を受け取った福士加代子【写真:西村尚己/アフロスポーツ】
引退セレモニーで抱えきれないほどの花束を受け取った福士加代子【写真:西村尚己/アフロスポーツ】

現役最後の日に初めて見た景色とは「陸上は希望が持てる」

 大阪ハーフマラソンが30日、大阪・ヤンマースタジアム長居発着の21.0975キロで開催された。大阪国際女子マラソンと同時スタートで行われ、引退レースの39歳・福士加代子(ワコール)は1時間16分4秒の30位で完走。誰よりも人の心を掴んだランナーは、最後のレースで「皆さんに希望をもらった」と初めての感覚を明かした。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 スタート数秒前だった。福士は人ごみをかき分け、関係者のもとへ何かを受け取りに戻った。手にしたのはマスクのようなもの。胸元からユニホームの中に入れている時、思いのほか早く号砲が鳴った。「うえぇ!?」。慌てて走り出す。ついに迎えた大事な引退レースは“らしい”珍場面から始まった。

 15キロ付近まで上位にくらいついた。沿道に笑顔をふりまく余裕もある。だが、徐々に失速。終盤は足が動かない。歯がゆい気持ちをぶつけるように太ももを叩いた。脇腹を押さえ、腕を回して体をほぐす。立ち止まり、屈伸した。苦しくて顔が歪んだ。最後の最後は全く想定外のレースになった。

「あのね、私が思い描いていた景色があったんですけど。カッコよく終わる感じ。うぇ~い、みんなご苦労さ~んって。(実際は)最後に皆さんに励まされるというね」

 沿道、自分を追い抜いていく一般参加のランナーまでもエールをくれる。「ありがとう!」「最後まで楽しんで!」。思い出のトラックに戻ってくると、声援はさらに温かみを増した。自然と蘇った笑顔。動かない体を動かし、市民ランナーたちに囲まれて執念で完走した。

「皆さんに凄く希望をいただきました。本当に皆さんに助けられました」

 異名は「トラックの女王」だった。1万メートルは日本選手権6連覇を含む7度優勝。抜群の勝負勘でレースを支配し、3000メートルや5000メートルで日本記録を打ち立てた。記録を0秒03更新した時は「大きいですよー。乳首3つ分くらいですかねぇ」。数々の奔放な発言は度肝を抜き、“福士節”として親しまれた。

「トラックも面白かったですね。わかりやすかったです。練習をやったらやった分だけ出る。スピードの変化、技術を求めるのが面白かった。マラソンに移ったタイミングは勝てなくなったこと。トラックで勝てなくて憤りを感じて、マラソンは楽勝だろうとナメてかかった。そしたらあんな感じになっちゃって(笑)」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集