[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

No.1ボクサー井上尚弥の伸びしろ 試合後、記者を困惑させた言葉「まだ出せていない」

2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」を配信してきた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。最終回となる第29回は、ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が登場する。

14日のディパエン戦でリングに上がった井上尚弥、コロナ禍でも貪欲に強さを求めてきた
14日のディパエン戦でリングに上がった井上尚弥、コロナ禍でも貪欲に強さを求めてきた

一人の記者が届ける「THE ANSWER」の新連載、最終29回はボクシング・井上尚弥

 2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」を配信してきた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。最終回となる第29回は、ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が登場する。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 2年1か月ぶりの国内凱旋試合となった今月14日、東京・両国国技館で挑戦者のアラン・ディパエン(タイ)に8回TKO勝ちした。試合数の少ないコロナ禍でも、変わらず貪欲に強さを求めた2年間。28歳は豊富な引き出しを見せつけた一方で、試合翌日には「まだまだ伸びしろはある」と恐ろしい向上心を覗かせた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

 ◇ ◇ ◇

「また強くなってるね」

 陣営の大橋秀行会長は唸っていた。ディパエン戦の前日、井上にとって768日ぶりの国内リングを前にした言葉。正直、過去に何度も会長の口から聞いたことがある。だが、決して試合に期待を持たせるためだけの発言ではない。これは事実なのだ。

 長く続くコロナ禍。井上は20年1月にWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との統一戦を発表したが、度重なる延期の末に中止を余儀なくされた。同年は10月に1試合のみ。21年は6月と今回で2試合だったが、脂の乗った20代後半としてはファンに物足りない試合数だった。

 実力者との交渉もまとまりかけては流れる。気持ちを維持するのが難しい時期。それでもブレないのが、モンスターの真骨頂だ。

 常に基礎を徹底する。ジムの大鏡に映った自分を見ながらフォームをチェック。ガードの位置、パンチの軌道、スムーズな体重移動を生む重心の位置……。大橋会長は「コロナ禍の2年で急上昇した。試合がない分、練習が主体になっている。こういった時期にこの練習ができるのが凄さ。貪欲だよね」と感服する。足の運び方、スパーリングで一発をもらった後の修正力に磨きがかかったという。

 毎日の積み重ねによって「日本史上最高傑作」のボクサーが出来上がった。ただ漠然と練習しているのではない。ボクシングと本気で向き合うからこそ、最近は一つひとつの動きの中に見えてきたものがあると井上は言う。

「本当に些細なことなんですけど、シャドー一つにしても些細な考え方とかが少しずつ変わってきたなと感じます。一つのことをより極めるようにしっかりと練習している。あとは自分の中で思っているやりたいことを瞬時にできるようになったり。たぶんそういうのって、より考えて練習しないと実際に(試合で)出てこないんですよね」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集