[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、凱旋V6の裏側 相手陣営から抗原検査結果のLINE、大橋会長の涙ぐましい苦労

コロナ対策、観客制限の調整…大橋会長の涙ぐましい苦労があった【写真:荒川祐史】
コロナ対策、観客制限の調整…大橋会長の涙ぐましい苦労があった【写真:荒川祐史】

毎朝、相手陣営から届く抗原検査結果の知らせに「ドキッとする」

 来日後も心が休まる時間はなかった。ディパエンには練習できる隔離施設を用意したほか、井上と同じく毎日の抗原検査を徹底。関係者を通じて相手陣営から毎朝LINEで報告が届いた。「毎朝ドキッとする。もし何かあれば電話だから少し安心しているけど、大した用事じゃないのに電話の時がある。何事かと思ってしまう」。最も心臓を締め付けられたのは、試合2日前の12日だった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ディパエンの隔離が明け、選手と陣営全員にPCR検査が義務付けられていた。結果は全て陰性。「あまりに(運を)持っているから何かオチがあるのかと思っていた。最近では一番血圧が上がったね」。プロモーターは試合を組み、選手をリングに上げるまでが仕事。「あとは地震だけ。最近多いから……」。祈るように決戦当日を迎えた。

 リングに上げてしまえば、世界最強の愛弟子が猛威を奮う。8回までかかったものの、勝つのが当然かのように防衛数を重ねた。コロナ対策、観客制限の調整、各所との打ち合わせ。大橋会長は充実した表情で道のりを振り返った。

「プロモーターとして今回が一番思い出になる。2年ぶりの世界戦開催ですし、ここまで心配した経験はなかった」

 かつてはストレス過多で興行直前に痛風を発症したこともある。井上が輝きを放つ裏には、プロモーターの涙ぐましい苦労があった。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集