[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

川口能活×中村俊輔vol.3 ありすぎて難航? 2人が選ぶ「互いのプレーベスト3」

「炎の守護神」と呼ばれた希代の名GK川口能活(SC相模原)と日本サッカーが誇る天才ファンタジスタ・中村俊輔(ジュビロ磐田)。横浜マリノス(現横浜F・マリノス)で共闘し、長く支えた日本代表でも揃ってW杯に出場した2人の豪華対談が「THE ANSWER」で初めて実現し、4回にわたって互いのサッカー人生について語り尽くした。

横浜マリノスで黄金期を築き、日本代表でも揃ってW杯に出場した中村俊輔(左)と川口能活【写真:RYUGO SAITO】
横浜マリノスで黄金期を築き、日本代表でも揃ってW杯に出場した中村俊輔(左)と川口能活【写真:RYUGO SAITO】

初対談第3回…名手だから見抜ける凄さ、川口の記憶力に中村は「そんな試合まで!?」

「炎の守護神」と呼ばれた希代の名GK川口能活(SC相模原)と日本サッカーが誇る天才ファンタジスタ・中村俊輔(ジュビロ磐田)。横浜マリノス(現横浜F・マリノス)で共闘し、長く支えた日本代表でも揃ってW杯に出場した2人の豪華対談が「THE ANSWER」で初めて実現し、4回にわたって互いのサッカー人生について語り尽くした。

【第1回】川口能活×中村俊輔が初対談 「天狗」になった“あの時代”から学んだこと
【第2回】川口能活×中村俊輔vol.2 能活が俊輔に感じた高校時代の覚悟「だから今の俊がある」
【第4回】川口能活×中村俊輔vol.4 今、考える“引き際”「いらないと言われるまで現役で」

「レジェンド対談第3回」は、数々のスーパープレーを演じてきた2人が互いのプレーのベスト3を選出。ともに日本を代表する名手、しかも、同じチームでプレーしてきたからこそ言える「川口が選ぶ中村のベストプレー」「中村が選ぶ川口のベストプレー」とは――。独自の視点に加え、当時のグラウンド上の秘話も数々飛び出した。

――さて、今回はお互いのプレーのベスト3を教えてください。

川口「俊はいっぱいありすぎて選ぶのが難しいなぁ……。(横浜F・)マリノスのゲームだったら、2000年のJリーグ、国立競技場での鹿島戦。マリノスが3-2で逆転勝ちした試合で、全得点に俊が絡んでいた」

中村「スゴイ、そんな試合まで覚えているんですか!? そうです、そうです、アシストとコーナーキックと……」

川口「あと、ミドル(シュート)ね。強烈だった」

中村「(笑)。いや、そこまで覚えているのはすごいです」

1 2 3 4

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集