[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 清宮級の逸材も? 「三刀流怪物」「完全試合男」… 2018年ドラ1候補はこの12人

清宮級の逸材も? 「三刀流怪物」「完全試合男」… 2018年ドラ1候補はこの12人

アマチュア球界は2018年を迎え、プロを目指すドラフト候補たちも始動した。昨年のドラフトでは早実・清宮幸太郎内野手が7球団競合の末に日本ハム入り。大きな話題を呼んだが、今年も1位候補は負けず劣らずの逸材揃いだ。最上位指名を得られるのは12人。今年は2000年生まれに当たる高校生の「ミレニアム世代」に逸材が揃うが、果たして、誰が「ドラフト1位」の称号を得るのか。現時点の候補12人を厳選し、紹介する。

U-18侍ジャパン高校日本代表に選出された小園海斗【写真:Getty Images】
U-18侍ジャパン高校日本代表に選出された小園海斗【写真:Getty Images】

大阪桐蔭から複数ドラ1誕生も? 2000年生まれの「ミレニアム世代」に逸材ズラリ

 アマチュア球界は2018年を迎え、プロを目指すドラフト候補たちも始動した。昨年のドラフトでは早実・清宮幸太郎内野手が7球団競合の末に日本ハム入り。大きな話題を呼んだが、今年も1位候補は負けず劣らずの逸材揃いだ。最上位指名を得られるのは12人。今年は2000年生まれに当たる高校生の「ミレニアム世代」に逸材が揃うが、果たして、誰が「ドラフト1位」の称号を得るのか。現時点の候補12人を厳選し、紹介する。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

○大阪桐蔭・根尾昂内野手

 大注目を浴びるのは、三刀流の超逸材だ。投げては最速148キロ、打っては通算20本塁打、守っては遊撃と外野をこなし、非凡なポテンシャルを秘める。中学時代は145キロを記録し、スキーで日本一を達成。おまけに両親は医者で、学業はオール5クラスと“スーパー中学生”として話題に。2年春のセンバツも主力として日本一を成し遂げ、今年の目玉候補と目されている。

○大阪桐蔭・藤原恭大外野手

 根尾とチームメートのリードオフマンも抜群だ。50メートル5秒7で高校通算21本塁打の俊足強打を誇る。昨夏は2年生ながらU-18侍ジャパン高校日本代表で1番を務め、清宮ら1学年上の世代と共闘した。また、大阪桐蔭は147キロ右腕・柿木蓮、190センチ左腕・横川凱と投手両腕ら5~6人がスカウトの注目を集めており、3人以上のドラ1選手が誕生しても不思議ではない。

○報徳学園・小園海斗内野手

 上述の藤原とともに選出されたU-18侍ジャパン高校日本代表で遊撃手を務め、“高校NO1内野手”の呼び声高い。大会ではチームトップの打率.378と木製バットに適性を示した。走攻守3拍子揃い、非凡な身体能力でショートを守れる点もスカウトの評価を高めている。将来の正遊撃手候補を補強ポイントとする球団は今年、密着マークすることになるだろう。

1 2 3 4 5
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー