[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

清宮級の逸材も? 「三刀流怪物」「完全試合男」… 2018年ドラ1候補はこの12人

大学NO1の安打製造機、即戦力の社会人155キロ右腕&右の大砲

○立命大・辰己涼介外野手

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 大学生野手で評価が高いのが、大学NO1クラスの安打製造機だ。関西の強豪で1年春からレギュラーを掴み、すでに通算83安打をマーク、リーグ記録の123安打(関学大・田口壮=オリックス2軍監督)到達に期待がかかる。2年夏から大学日本代表も経験。50メートル5秒台の俊足に強肩、178センチ、68キロの細身ながらパンチ力を秘めており、注目の一人だ。

○日本通運・生田目翼投手

 毎年、即戦力を送り込む社会人では最速155キロの剛腕に注目だ。流通経大4年春に時代に出場した全日本大学選手権で「将来は公務員になりたい」と発言したことで話題を呼んだ。社会人1年目は抑えとして都市対抗準優勝に導くなど、着実に腕を磨いた。176センチながら、どっしりとした体格から投げ込む直球は迫力十分。今年は先発としても存在感を見せたい。

○東京ガス・笹川晃平外野手

 野手ではアマNO1スラッガーの呼び声高い社会人日本代表の4番に期待したい。昨秋は社会人選抜で挑んだ台湾ウィンターリーグでNPB選手と互角以上の結果を残した。プロでは希少な右の大砲という点でも価値は高い。高校、大学と日本代表を経験し、社会人に入って打撃の確実性が増した印象だ。即戦力のスラッガー候補として脚光を浴びそうだ。

 ここに挙げたのは、あくまでも現時点で1位候補と目される12人。当然、今後の成長次第で予期せぬ逸材がスターダムにのし上がる可能性もあるだろう。それも含め、アマチュア野球の魅力。球春到来は3月の社会人スポニチ大会&センバツ高校野球から。逸材たちの飛躍が待ち遠しい。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3 4 5
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集