[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

川口能活×中村俊輔vol.3 ありすぎて難航? 2人が選ぶ「互いのプレーベスト3」

日本代表でも揃ってW杯に出場した中村俊輔(左)と川口能活【写真:Getty Images】
日本代表でも揃ってW杯に出場した中村俊輔(左)と川口能活【写真:Getty Images】

中村が感じる川口の凄さ「能活さんはGKなのにゲームを勝たせる力がある」

中村「あとは04年のアジアカップ、ヨルダン戦のPK戦。PK戦の最中にコートが逆になるアクシデントがあれば、メンタル面に相当な影響があると思う。その中で、相手に外させたり、止めたりで日本を勝利に導いた。あの試合に負けたら、(PKを外した)オレ、絶対に批判されていたと思うし、助けられました。あのね、アジアカップの能活さんのプレー、一番好きだったのが、ワンバウンドしたボレーシュートを止めたシーンなんです。そのボールのはじき方がえぐかった。肘から下の使い方とか、あと、手の使い方とか……これ、ちゃんと読者に伝わるかなあ(笑)」

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

川口「アハハハハ」

中村「あのときはグラウンドの状態も悪かったし、ちょっとでも手元の使い方を間違えるとゴールになってしまう、すごく難しいプレーなんです。片手での逃げ方というか、センスが他のキーパーと違う。それと、やっぱり練習を積み重ねて体に染みついているから、試合のなかで難しいプレーもパッとできるんですよね」

 3つ目は、能活さんがジュビロに移籍した後に戦った11年のJリーグ。このシーズン、能活さんとは2度、PKで戦っているんです。1度目は能活さんに読まれたけど、ほんの少しの差で僕のPKが決まった。2回目は僕が外した。だから、実質2敗な感じです。能活さんとのPK戦は、どこに蹴っても届きそうな気がするし、読まれている気がする」

――無言のプレッシャーというのを感じるんですね。

中村「そう。蹴る前から『あ、ここだと反応されそう』という画が、頭によぎってしまう。その時点で、こっちはゾーンに入れない。もし決まったとしても、それは“たまたま”に過ぎなくて、勝負は負けているんです。能活さんはキーパーなのにゲームを勝たせる力がある。これって絶対に抜きんでた力がないとできない。0-2、0-3で負けてもおかしくないゲームを1-0で勝ったとしたら、絶対にキーパーの力。能活さんには、そういう試合がありすぎる」

1 2 3 4

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集