[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 進路選択
  • 川口能活×中村俊輔vol.2 能活が俊輔に感じた高校時代の覚悟「だから今の俊がある」

川口能活×中村俊輔vol.2 能活が俊輔に感じた高校時代の覚悟「だから今の俊がある」

「炎の守護神」と呼ばれた希代の名GK川口能活(SC相模原)と日本サッカーを代表する天才ファンタジスタ・中村俊輔(ジュビロ磐田)。Jリーグの横浜マリノス(現横浜F・マリノス)で共闘し、長く支えた日本代表でも揃ってW杯に出場した2人の豪華対談が「THE ANSWER」で初めて実現し、4回にわたって互いのサッカー人生について語り尽くした。

横浜マリノスで黄金期を築き、日本代表でも揃ってW杯に出場した川口能活と中村俊輔【写真:RYUGO SAITO】
横浜マリノスで黄金期を築き、日本代表でも揃ってW杯に出場した川口能活と中村俊輔【写真:RYUGO SAITO】

2人が語る「高校サッカー」の思い出…中村が川口に感じた「常勝チーム」との差

「炎の守護神」と呼ばれた希代の名GK川口能活(SC相模原)と日本サッカーを代表する天才ファンタジスタ・中村俊輔(ジュビロ磐田)。Jリーグの横浜マリノス(現横浜F・マリノス)で共闘し、長く支えた日本代表でも揃ってW杯に出場した2人の豪華対談が「THE ANSWER」で初めて実現し、4回にわたって互いのサッカー人生について語り尽くした。

【第1回】川口能活×中村俊輔が初対談 「天狗」になった“あの時代”から学んだこと
【第3回】川口能活×中村俊輔vol.3 ありすぎて難航? 2人が選ぶ「互いのプレーベスト3」
【第4回】川口能活×中村俊輔vol.4 今、考える“引き際”「いらないと言われるまで現役で」

 現在、4強が出そろい、佳境に突入した全国高校サッカー選手権に出場経験を持つ2人。「レジェンド対談第2回」は、名門・清水商(現・清水桜が丘=静岡)出身の川口、当時は新興校だった桐光学園(神奈川)出身の中村が高校サッカーを振り返り、選手権の思い出のほか、プロを目指していた当時のサッカー論について考えを交わした。

――年末年始のサッカー界のビッグイベントといえば高校選手権。2人とも選手権本大会に出場していますが、当時の思い出を聞かせてください。

川口「今でこそ静岡県代表も(東京2校を含む)48都道府県の一つ、という立場ですが、僕らの時代は静岡県代表=高校サッカー界を牽引する存在でした。しかも、僕が通っていた清商(清水商)は県内でも常に優勝候補筆頭。県大会では常勝校として、全国大会では静岡代表として、常に“勝たなければいけない”プレッシャーがありました」

中村「僕の高校(桐光学園)は、まず選手権本大会出場が目標。神奈川県っていつも激戦なんです。高校サッカー部のほか、マリノスやヴェルディなどのクラブチームもあるので、どうしてもいい選手が分散してしまう。当時も上位校の力が接近していたので、2年時に県代表になったときはうれしかったなぁ」

川口「静岡も力が分散しがちだけど、たまたま僕の代は、いい選手が清商と藤枝東の2校に集中していた。だから、3年生のときの県内での決勝はいつも清商対藤枝東でしたね。3年生のとき、清商は公式戦で2試合しか負けないほど強かった。それでも選手権で優勝した瞬間は、プレッシャーから解放され、うれしさよりもホッとする気持ちのほうが勝った。3年間、日本一を目標にやってきたから、最高の終わり方ができて本当に良かった」

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー