[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フッカー(HO)の役割とは ラグビー・ポジション解説

フッカー(HO)とは、背番号2をつけている選手で、ポジショングループのひとつであるフロントローを、プロップ(PR)とともに形成します。スクラムで中心を務める選手で、スクラムハーフ(SH)が投げ入れたボールを足で引っかきだす「フック(Hook)」プレーからフッカーという名前が来ています。

堀江翔太選手【写真:Getty Images】
堀江翔太選手【写真:Getty Images】

フッカー(HO)とは

 フッカー(HO)とは、背番号2をつけている選手で、ポジショングループのひとつであるフロントローを、プロップ(PR)とともに形成します。スクラムで中心を務める選手で、スクラムハーフ(SH)が投げ入れたボールを足で引っかきだす(フック「Hook」)プレーからフッカーという名前が来ています。

フッカーの役割

 スクラムでは最前線の中央に位置し、スクラムの舵取りをしながら投げ入れられたボールを足で後ろに送る役割を務めます。また、ラインアウトの際はボールを投げ入れるスローワーの役割を担うことが多くあります。

フッカーの特徴

 スクラムでは足でボールを後ろに送り、ライアンアウトではスローワーを務めることが多いことから、大柄ながら器用さが求められます。また、左右のプロップと比較すると少し小柄な選手が多いと言えます。

 さらに、スクラムでは最前線中央で舵取りをするため屈強ではあるものの、ランでは華麗なステップで突破したり、ブレイクダウンで素早くボール奪取したりと、俊敏性も兼ね備えている選手が務めることの多いポジションだと言えます。

日本代表のフッカー

 2019年W杯の日本代表には、初出場の北出卓也選手、坂手淳史選手、3大会連続出場の堀江翔太選手が選出され、坂手選手は4試合に出場。堀江選手は全試合に出場し、金星をあげたアイルランド戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれました。

 2020年に堀江選手は、元日本代表・廣瀬俊朗さんが率いるスクラムユニゾンが医療従事者をはじめ、社会を支えてくれている人たちへの感謝を伝えることなどを目的に行った「みんなで歌おうビクトリーロード」という企画に参加。W杯で日本代表が歌った「ビクトリーロード」を現役選手たちと合唱し反響を集めました。


世界のフッカー

 2019年W杯で日本代表と対戦したアイルランド代表で主将を務めたロリー・ベスト選手は、この大会で現役を引退しました。名フッカーの現役最後の試合となった準々決勝ニュージーランド代表戦では、チームメイトだけでなく、オールブラックスの選手たちも花道を作りベスト選手を称え、国内外の感動を呼びました。

 2021年のトップリーグ・クボタでプレーする南アフリカ代表のマルコム・マークス選手は、世界屈指のパワフルな突破力を持つスタープレーヤーです。タックルとタックル後のブレークダウンでボールを奪い獲る「ジャッカル」も得意とし、2020年には日本の子どもたちへ向けて3つのコツをアドバイスしました。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集