[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 手袋の取捨もカギに… 箱根駅伝、上り下りだけじゃない5、6区の“ワナ”とは

手袋の取捨もカギに… 箱根駅伝、上り下りだけじゃない5、6区の“ワナ”とは

第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が2、3日に行われる。各校の栄えあるランナーに選ばれた選手たちは母校の襷をつなぐため、懸命に走り抜くが、脱水症状やスタミナ切れといったアクシデントも起こる。その理由は何なのか。3連覇中の青学大でフィジカルトレーナーを務め、卓球の福原愛、バドミントンの藤井瑞希など日本を代表するアスリートの個人指導経験を持つ中野ジェームズ修一氏に聞き、優勝のキーポイントとなる5、6区の難しさについて語ってもらった。

母校の襷をつなぐため懸命に走り抜くが、脱水症状やスタミナ切れといったアクシデントも起こる箱根駅伝【写真 : photolibrary】
母校の襷をつなぐため懸命に走り抜くが、脱水症状やスタミナ切れといったアクシデントも起こる箱根駅伝【写真 : photolibrary】

脱水症状、低体温症も…3連覇中の青学大・中野トレーナーが明かす「箱根駅伝独特の難しさ」

 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が2、3日に行われる。各校の栄えあるランナーに選ばれた選手たちは母校の襷をつなぐため、懸命に走り抜くが、脱水症状やスタミナ切れといったアクシデントも起こる。その理由は何なのか。3連覇中の青学大でフィジカルトレーナーを務め、卓球の福原愛、バドミントンの藤井瑞希など日本を代表するアスリートの個人指導経験を持つ中野ジェームズ修一氏に聞き、優勝のキーポイントとなる5、6区の難しさについて語ってもらった。

◇ ◇ ◇

 限界に挑戦するレース中には、想定外のアクシデントも起こります。皆さんも箱根駅伝で突然の脱水症状やスタミナ切れに苦しむ選手たちの姿を見たことがあると思います。一体、練習を積み、レースに臨んだ選手たちに何が起こっているのか? 箱根駅伝独特の難しさを交えながら、お話しします。

【PR】子供の発熱、公園遊び、お出かけ… 親子でありがたい水分補給アイテムは?

 私が選手の近くにいて感じるのは、やはり箱根駅伝という大会が選手たちに与えるプレッシャーの大きさです。それもそのはず、長距離の選手が日本中から注目される大会といえば、オリンピックか箱根駅伝の2つかもしれません。つまり箱根駅伝は、人生に一度あるかないかの大舞台です。成果を挙げたいという気持ちは緊張にもつながるし、メディアにも注目される。

 学校の名前を背負うこと、仲間に襷をつなぐ重責など、大きな大会ともなると何かしらのプレッシャーがかかります。一人で臨むほうが、気が楽という選手もいれば、みんなで戦うから怖くない、という選手もいます。

 よく「適度な緊張はあったほうがいい」と言いますが、今はあまり、そうとは考えられていません。柔道など一瞬の爆発力が勝負を決める競技であれば、適度な緊張感がプラスに働くこともあるでしょう。しかし、長距離はどれだけエネルギーをムダにせずに走れるかが勝負。ストレスがかかると、筋肉のエネルギー源となるグリコーゲンはどんどん消耗されます。

 すると、メンタルが弱い選手はスタートして早い段階でガソリン切れを起こしたり、レースの後半まで持たなくなったりという可能性が高まる。ストレスや緊張はそれだけ体のシステムに影響を与えるのです。

1 2 3

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー