[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「言ってはいけない時代じゃない」 伊藤華英が「女子選手と生理」を声に出した理由

競泳の元トップスイマー・伊藤華英さん。インタビュー前編では、08年に出場した北京五輪で生理が重なるなど、女性特有の問題と闘ってきた競技人生を打ち明け、思春期における女子指導の現状について説いた。そもそも、オリンピアンの肩書がありながら、なぜ、タブーにも思える「女子アスリートと生理」の関係性について、声を出そうと思ったのか――。

競泳の元トップスイマー・伊藤華英さん【写真:Getty Images】
競泳の元トップスイマー・伊藤華英さん【写真:Getty Images】

【連載・後編】競泳五輪代表・伊藤華英さんが思うアスリートの「当たり前」の価値

 競泳の元トップスイマー・伊藤華英さん。インタビュー前編では、08年に出場した北京五輪で生理が重なるなど、女性特有の問題と闘ってきた競技人生を打ち明け、思春期における女子指導の現状について説いた。そもそも、オリンピアンの肩書がありながら、なぜ、タブーにも思える「女子アスリートと生理」の関係性について、声を出そうと思ったのか――。

 きっかけは、一つのコラムだった。伊藤さんは「女性アスリートと生理」の関係性を題材にして、自身の体験談を書いたことがあった。思い立ったのは、ある五輪選手の存在だ。

「一番はリオデジャネイロ五輪の時、リレーに出場した中国の傅園慧(フ・ユアンフイ)選手が『生理中でいい泳ぎができずにチームメートに謝った』という出来事がきっかけ。大きな話題になったし、私自身もアスリートだった。センシティブだし、ナイーブだと思って、言ってはいけない時代でもない。言う価値はあるのかなと思って書いたら、すごい反響でした」

 一般生活でも「生理」というフレーズを口に出すのは、はばかれる話題。それでも、敢えて話題にしようと思った裏には、アスリートのセカンドキャリアに対する問題意識があった。

「アスリートの課題は、自分が経験してきたことをアウトプットできないことが多くあると思う。キツイこと、苦しいことが当たり前すぎて、意外と世の中に価値があることであっても、喋らなくてもいいと思い込んでしまう。それが価値のあるものなら、少しずつ、オープンにしていってもいいのかなと感じていました」

 伊藤さん自身、北京五輪で生理と重なり、初めてピルを服用したが、ホルモンの強さなどが体質に合わず、副作用に苦しんだ経験があり、「もっと早くから飲んでおけば良かった」と思ったという。

 一方、海外では10代から当たり前のように服用し、「あなたたちはなんで飲まないの?」と言われた経験もあった。こうした競技の第一線の実際の体験を包み隠さずに伝えることで、得られることがあったという。

1 2 3

伊藤 華英

 日本代表選手として2012年ロンドン五輪まで日本競泳会に貢献。2004年アテネ五輪出場確実と騒がれたが、選考会で実力を発揮できず、出場を逃す。水泳が心底好きという気持ちと、五輪にどうしても行きたいという強い気持ちで、2008年女子100m背泳ぎ日本記録を樹立し、初めて五輪代表選手となる。

 その後、メダル獲得を目標にロンドン五輪を目指すが、怪我により2009年に背泳ぎから自由形に転向。自由形の日本代表選手として、世界選手権・アジア大会での数々のメダル獲得を経て、2012年ロンドン五輪・自由形の代表選手となる。2012年10月の岐阜国体を最後に現役引退。

 引退後、ピラティスの資格取得とともに、水泳とピラティスの素晴らしさを多くの人に伝えたいと活動中。また、スポーツ界の環境保全を啓発・実践する「JOCオリンピック・ムーヴメントアンバサダー」としても活動中。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集