[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビー選手・川西智治が難病を告白 人知れず10年続ける「潰瘍性大腸炎」との闘い

身長174センチ、体重99キロという鍛え上げられた身体で、ラグビー・トップリーグのトヨタ自動車ヴェルブリッツで戦う川西智治。強豪・流通大柏高、流通経大を経て、2010年からトヨタ自動車でプレーするフッカーは、自己犠牲の精神を前面に押し出したパフォーマンスで、チーム最高齢の33歳を迎えた今も欠かせない存在になっている。

トヨタ自動車ヴェルブリッツでプレーする川西智治(右)【写真:本人提供】
トヨタ自動車ヴェルブリッツでプレーする川西智治(右)【写真:本人提供】

トップリーグ・トヨタ自動車の現役選手、33歳・川西智治が明かす闘病の実情

 身長174センチ、体重99キロという鍛え上げられた身体で、ラグビー・トップリーグのトヨタ自動車ヴェルブリッツで戦う川西智治。強豪・流通大柏高、流通経大を経て、2010年からトヨタ自動車でプレーするフッカーは、自己犠牲の精神を前面に押し出したパフォーマンスで、チーム最高齢の33歳を迎えた今も欠かせない存在になっている。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 底抜けに明るい性格で、チームメートはもちろん対戦相手やファンからも広く愛される川西だが、実は人知れず続けている闘いがある。それが国が定める指定難病「潰瘍性大腸炎」との闘いだ。大腸の粘膜に慢性的な炎症が起こり、潰瘍などが形成される原因不明の病気で、下痢や血便、腹痛、発熱、貧血などの症状が特徴的。安倍晋三・前首相の持病として病名を知った人も多いだろう。

 大腸内の炎症を抑え、症状をコントロールするための薬や治療方法が開発されてはいるが、原因不明の病気なだけに、特効薬や絶対的な治療方法はないのが現実だ。「難病情報センター」の公式サイトによれば、日本には16万6000人を超える患者がいるという(2016年現在)。一見すると健康体に見えるが、急激な腹痛や便意に襲われる病気のため、なかなか周囲からの理解が得られず、ストレスを感じながら病気と闘っている人も多い。

 2011年夏に発症して以来、長く辛い闘いに身を置いている川西は、今回初めて自身の病気について公で語る決意をした。それは「ラグビーやトップリーグに対して注目や関心が高まり、自分に発言権がある今こそ、同じ病気を抱える人たちのために、広く皆さんに病気に対する理解を深めてもらいたい」という想いがあるからだ。もちろん、自身の病気について告白するには「覚悟」がいる。だが、「自分が幸せであるためにも人に優しくする」というモットーに背中を押された。

 自らの経験を通じて「潰瘍性大腸炎」とはどういう病気なのか、同じ病気を持つ人や周囲の人々に対するメッセージを川西自身の言葉で綴る。

 ◇ ◇ ◇

 皆さん、いつも応援ありがとうございます。トヨタ自動車ヴェルブリッツの川西智治です。今回は僕が向き合う「潰瘍性大腸炎」について知っていただきたく、迷った末にペンを執りました。僕自身、以前テレビである芸能人の方が同じ病気であることを知り、勇気づけられた経験があります。僕の経験を伝えることで、病気で悩む誰かの力になれればうれしいと思い、決心しました。

 目に見える病気ではなく、原因も不明。いつ悪化するかも分からず、絶対的な治療法もない。この病気はとても理解されにくく、僕も自分が嫌になることが何度もありました。今も完治していませんが、うまく付き合いながらラグビーに全力を注いでいます。

 発症したのは、社会人2年目の2011年のことです。夏合宿中のある朝、いつものようにトイレに行くと、便器は血で赤く染まりました。腹痛もなく体調はいつも通り。激しい合宿中だったとはいえ、腹部を打ったわけでもありません。トレーナーと相談し、合宿終了後に病院へ行くと「潰瘍性大腸炎」と診断されました。この時は「ただ血便が出るくらいだろう」と軽く考えていたので、処方された薬も飲んだり飲まなかったり。特に大きな変化はありませんでした。

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集