[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は米国でスターになれるのか 現役世界王者が語った“Fear Factor”の必要性

ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は、来年2月に計画されている「Superfly2」に出場を熱望されていることからも分かる通り、すでに米国のボクシングファンからも認められている。米ケーブルテレビ局「HBO」のバックアップも強力。多くのメディアが発表する総合ランキングのスーパーフライ級バージョンを見ても、“The Monster”を1位か2位にランクしているはずだ。

井上の実力をすでに米国も認知…世界の猛者が説く“その上”に行く難しさ

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は、来年2月に計画されている「Superfly2」に出場を熱望されていることからも分かる通り、すでに米国のボクシングファンからも認められている。米ケーブルテレビ局「HBO」のバックアップも強力。多くのメディアが発表する総合ランキングのスーパーフライ級バージョンを見ても、“The Monster”を1位か2位にランクしているはずだ。

 今後の焦点は、井上が米国のリングでただ勝ち続けるだけではなく、本場で“スーパースター”と呼ばれる存在になれるかどうか。その点に関しては、現場から「簡単なことではない」という声も依然として聞こえてくる。

「軽量級の選手がスターになるのはより難しい。多くのファンは、サイズのあるファイターに惹きつけられるもの。ファンは自分に可能に見えることや、似た体格の選手ではなく、誰もできないことをやってくれる“非日常的なもの”にお金を払うものだからだ」

 WBA、WBC世界ウェルター級王者キース・サーマン(米国)はそんな持論を語ってくれた。サーマンはすでに何度も来日している親日家。その話しぶりから、精神力とコンディションに秀でた日本のボクサーにリスペクトを抱いていることは伝わってくる。しかし、そのサーマンでさえも、米国のマーケットにおける軽量級選手の売り出し方の難しさを否定しない。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集