[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宮原、坂本がSPワンツー発進 全日本女王が手応え「感覚は日に日に良くなっている」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・スケートアメリカは25日(日本時間26日)、女子ショートプログラム(SP)で宮原知子(関大)は冒頭の3回転連続ジャンプで着氷が乱れたものの、70.72点でトップ。17歳の坂本花織(シスメックス)が69.40点で2位に入った。試合後には、宮原が「コンディションと感覚は日に日にどんどん良くなっています」と語ったことを国際スケート連盟(ISU)の公式サイトが報じている。

GPシリーズ第6戦、スケートアメリカSPで宮原がシーズンベストの高得点で1位発進

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・スケートアメリカは25日(日本時間26日)、女子ショートプログラム(SP)で宮原知子(関大)は冒頭の3回転連続ジャンプで着氷が乱れたものの、70.72点でトップ。17歳の坂本花織(シスメックス)が69.40点で2位に入った。試合後には、宮原が「コンディションと感覚は日に日にどんどん良くなっています」と語ったことを国際スケート連盟(ISU)の公式サイトが報じている。

 宮原は映画「SAYURI」の楽曲に乗せて、冒頭の3回転-3回転の連続ジャンプに挑むも、後半のジャンプの着地で体勢が乱れて減点。しかし、その後の3回転ループ、ダブルアクセルはしっかりと成功させ、シーズンベストの70.72点でトップに立った。

 ISUは「サトコ・ミヤハラが女子SPで首位発進」と見出しを打って速報。宮原は左股関節の疲労骨折から約11か月ぶりに実戦復帰したGPシリーズ第4戦・NHK杯で5位だったが、2週間後の今大会で好発進。記事によれば、演技後に「ポイントに関しては嬉しく思いますが、パフォーマンスには満足していません。多くのことに取り組まなければいけないし、もっと練習に励んでいきたいです。コンディションと感覚は日に日にどんどん良くなっています」と徐々に本来の感覚に近づいていることを伺わせたという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集