[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「NBAに最も近い日本人」の現在地 八村塁、現役NBA選手が見た“未来予想図”とは?

「NBAに最も近い日本人」の現在地 八村塁、現役NBA選手が見た“未来予想図”とは?

日本バスケットボール界期待の星、ゴンザガ大の八村塁(2年)は米国挑戦2年目を迎え、確実な成長を遂げている。今季は開幕5試合終了時点で、平均出場時間18.4分、7.2得点、4.8リバウンドをマーク。全米大学バスケットボール(NCAA)を代表する強豪ゴンザガ大は4勝1敗の好スタートを切ったが、「Rui Hachimura」も大きく貢献していたと言っていい。

米挑戦2年目…平均7.2得点、4.8リバウンドとチームの開幕ダッシュに貢献

 日本バスケットボール界期待の星、ゴンザガ大の八村塁(2年)は米国挑戦2年目を迎え、確実な成長を遂げている。今季は開幕5試合終了時点で、平均出場時間18.4分、7.2得点、4.8リバウンドをマーク。全米大学バスケットボール(NCAA)を代表する強豪ゴンザガ大は4勝1敗の好スタートを切ったが、「Rui Hachimura」も大きく貢献していたと言っていい。

 八村は昨季、NCAAトーナメント準優勝に輝いたチーム内で、平均4.6分の出場時間しか得られなかった。しかし、1年目から2年目にかけての適応ぶりは凄まじい。ジョージ・ワシントン大の渡邊雄太(4年)同様、「NBAに最も近いところにいる日本人」と呼ばれる19歳は、やはりその将来に大きな可能性を感じさせる。

 そんな八村の現在地をどう判断すべきか。今後、NBA入りを実現させるためには何が必要なのか。昨年、八村のチームメイトとしてゴンザガ大でプレーし、今季ポートランド・トレイルブレイザーズでNBAプレーヤーとなったザック・コリンズに答えを求めてみた。

 コリンズは昨季、ベンチスタートながらセンターとして平均10.0得点、5.9リバウンドを挙げ、ゴンザガ快進撃の立役者の1人となった。シーズン終了後にブレイザーズからドラフト1巡目全体10位で指名され、20歳でNBAの大舞台に立っている。この細身のセブンフッターの目にも、八村のポテンシャルは驚異的に映っているようだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー