[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は米国でスターになれるのか 現役世界王者が語った“Fear Factor”の必要性

猛者が集う軽量級…“群雄割拠”の中で新たなスター候補最右翼は間違いなく井上

 今年9月に行われた米国デビュー戦で井上は6回TKO勝利を飾ったが、相手のアントニオ・ニエベス(米国)の消極的な戦法もあって、特大のインパクトを残したとは言い難い。しかし、タイミングよくスーパーフライ級周辺に猛者が集まっていることもあり、2018年以降に再びチャンスが来るはずだ。

 鍵は強敵との対戦を実現させ、その相手をエキサイティングな形で下すこと。例えば、WBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)、IBF王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)、あるいはWBO世界バンタム級王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)ら著名どころと続けて対戦し、圧倒的な勝利を収めることができれば……。

 パッキャオはもちろん、ゴンサレス、ガンボアといった軽量級の“中スター”に続くのも簡単なことではない。ただ、それができるとしたら、現時点での最有力候補は間違いなく井上のはずである。

◇杉浦大介

1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。Twitterは(http://twitter.com/daisukesugiura

【了】

杉浦大介●文 text by Daisuke Sugiura
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集